1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 代謝・内分泌科
  5. 糖尿病
  6. 糖尿病の合併症
  7. 第8回 血ガスを分析!【糖尿病性ケトアシドーシスの場合】

【連載】基礎からまなぶ血液ガス

第8回 血ガスを分析!【糖尿病性ケトアシドーシスの場合】

  • 公開日: 2014/8/24

血液ガス分析で得られた検査結果からは何を読み取れるのでしょうか。病態別の事例をもとに解説します。


事例

突然、意識消失となって救急搬送された40歳代男性

バイタルサイン

  1. 体温37.1℃
  2. 血圧132/72mmHg
  3. 脈拍110回/分
  4. 呼吸数38回/分

血液ガスデータ

  1. pH:7.26
  2. PaCO2:30.1Torr
  3. PaO2:150.9Torr
  4. HCO3-:13.2mEq/L
  5. 血糖値:520mg/dL

診断結果

高血糖とHCO3が減少していることなどから、糖尿病性ケトアシドーシスと診断されました。

血液ガスデータを分析してみよう

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

アシドーシスとアシデーミアの違いとは?

「アシドーシス」と「アシデーミア」の違いはなんですか? A:酸に傾く病態であるかと、血液が酸性であるかの違いです  「アシドーシス」は聞き慣れていても、「アシデーミア」という言葉を普段使うことはほとんどないのではないでしょうか。「アシデーミア」というのは、血液

2019/11/29