1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 急変対応
  5. 急変サイン・徴候
  6. 第8回 急変の予兆を知る 意識・精神活動の変化と「お決まりの抵抗手段」④意識とせん妄

【連載】何かヘンだ”がわかる! 急変前に気づく五感アセスメント

第8回 急変の予兆を知る 意識・精神活動の変化と「お決まりの抵抗手段」④意識とせん妄

  • 公開日: 2015/10/4
  • 更新日: 2020/3/26

 はっきりとした予兆もなく、患者さんが急変したり、重篤な疾患が進行していたりする経験があると思います。そのような急変に先立って、先輩の看護師や医師から「あの患者、何かヘンだよね」という直感的な台詞を聞いたことがあるかもしれません。

 この連載では、急変前の「何かヘン」と感じる患者への直感的な違和感について解説し、急変を見抜く力を養います。

【関連記事】
意識レベルの評価法、JCSとGCSの特徴とは?
せん妄とは? せん妄の症状と看護


「あらためて「意識」とは?

 「意識」=意識レベル+認知機能です。意識レベルとは「どれだけクリアに目が覚めているか?」です。

 認知機能とは思考、理解、判断といった日常的な精神活動(=「頭の回転」)のことです。精神活動が正常(日常的)であるためには、意識レベルが完全にクリアでなければなりません。

 クリアな意識レベルの大前提は、安定した血液環境(ホメオスタシス)です。血液環境が乱れると脳に悪影響が及びます。少しでも意識レベルが落ちれば、「頭の回転」が急に停滞します。これが「軽い意識障害」です。

「軽い意識障害」とは?

 意識レベルの低下は誰にでもわかる危険なサインです。一方で、見逃されやすいのが「軽い意識障害」です。Japan Coma Scale(JCS)でいえば「ほぼ意識清明(覚醒状態)だが、今ひとつはっきりしない」様子です(JCSの1点)(表1)。

表1 Japan Coma Scale(JCS)
Japan Coma Scale(JCS)表

 言葉で表現すると非常に漠然としていますが、「軽い意識障害」による「全体的イメージ」の変化は、みなさんの直感を強く刺激することでしょう。「軽い意識障害」は急変の予兆として重要です。

せん妄と「軽い意識障害」は「親戚」の関係

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

急変を察知する実践法

緊急性が高く、患者さんの予後を左右するクリティカルケア領域に関する知識や技術について解説します。 急変予測に役立つ「情動」とは? 急変に関する重要な病態にはショックや全身性炎症反応症候群(SIRS)があります。 一般的な急変予測は、ショックやSI

2016/3/10