1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. フィジカルアセスメント
  5. フィジカルアセスメントの考え方
  6. 第35回 自力で食事を摂ることができなくなってしまった患者さん

【連載】山内先生の公開カンファランス

第35回 自力で食事を摂ることができなくなってしまった患者さん

  • 公開日: 2017/3/13

【今月の事例】
[エヌさんより提供された事例]
介護老人保健施設に入居中の80歳代の患者さん。脳梗塞の既往はあるものの、ほとんど麻痺はなく、利き手で自力で食事を摂ることができていました。
出血性膀胱炎になり、主治医がバイアスピリンを休薬し、止血剤を投与しました。止血剤は5日間投与。傾眠傾向ではあるものの、発熱などはありませんでした。
ところが症状が落ち着き、食事開始になったときには、自力で食事を摂ることができなくなっていました。

→あなたなら、何が起こったと考える?


>>山内先生の解説を先に読みたい方はこちら

みんなの回答

アンケートは、ナース専科コミュニティ会員に実施。回答者数は78人。

Q1.この患者さんに何が起きたと予測できますか。考えられる症状や疾患をあげてください。

●バイアスピリンを止めていたことで、再梗塞をした可能性がある(mさん)

●バイアスピリンを休止したために脳梗塞が再発し、運動機能にかかわる部位に麻痺をきたしたと考えられる(ふなこさん)

●バイアスピリンの休薬により脳梗塞(血栓)が再発。休薬以外の要因として、止血剤、傾眠傾向による水分摂取量の低下、活動量低下なども(ソフトクリームさん)

●出血性膀胱炎により出血量の程度によりますが、貧血が出現しているのではないかと思います。
また、バイアスピリンを休薬し止血剤を使用しているため、再梗塞の可能性も視野に入れる必要があると思います。
安静による廃用症候群も考えられます(いかちゃんさん)

●脳梗塞を再度起こした可能性がある。また、廃用性症候群が考えられる(CITYさん)

●筋力低下、脳梗塞の再発(アイさん)

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

第47回 造血幹細胞移植後、貧血の自覚がなく転倒してしまった患者さん

臨床で働いているみなさんにとっては、今回の事例は「自覚のない患者さんっているよね」と思うような内容だったのではないでしょうか。 正解があるものではないこのような事例では、他の人たちがどう考えるのかを知ることも自身のケアに役立つのではないでしょうか。 よくある内容につい

2020/2/11