1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 呼吸器科
  5. 呼吸器疾患
  6. 肺炎
  7. 肺炎の治療方法とは

【連載】新しくなった! 成人肺炎診療ガイドライン2017

肺炎の治療方法とは

  • 公開日: 2017/11/2

エンピリック治療を基本として、狭域抗菌薬と広域抗菌薬を使い分けます。

重症度と耐性菌リスクに応じて使い分ける

 肺炎の治療は標的治療(原因菌を同定した治療)が理想ですが、実際には原因菌が同定できるのは全症例の中で半分以下です。原因菌が不明の場合は、経験的治療(エンピリック治療)を行います。エンピリック治療では原因菌の疫学的な検出頻度や重症度により治療薬を決めていきます。市中肺炎(CAP)の場合、耐性菌リスクはあまり考慮しなくてよいため、狭域抗菌薬の使用が主体となります(表2)。

CAPのエンピリック治療抗菌薬の表

 軽症例では内服薬による外来治療が可能です。場合によっては1日1回の投与で済む注射抗菌薬を外来通院で投与する方法も可能です。中等症例では一般病床に入院させ、狭域抗菌薬の点滴投与を行います。敗血症の発症例や重症例では集中治療室へ入室させ、肺炎球菌や緑膿菌などに幅広く効果がある広域抗菌薬に、マイコプラズマやレジオネラをカバーできる抗菌薬を併用して投与します。MRSA感染の可能性が高い場合は抗MRSA薬も併用します。

 院内肺炎(HAP)、医療・介護関連肺炎(NHCAP)では耐性菌リスクが高くなるため、広域抗菌薬を使う頻度が高まります(表3)。

NHCAP・HAPのエンピリック治療抗菌薬の表

 重症度が低く、耐性菌リスクがない場合は狭域抗菌薬で治療を開始し、全身状態の改善がみられない場合に、必要に応じて広域の薬剤への変更も考慮する治療(escalation治療)を行います。

 重症度が高い、または、耐性菌リスクがある場合は、広域の抗菌薬で初期治療を開始します。全身状態の改善が確認できた場合、可能であれば狭域の抗菌薬への変更を考慮する治療(de-escalation単剤治療)を行います。重症度が高く、耐性菌リスクもある場合は、広域抗菌薬を多剤併用します(de-escalation多剤治療)。耐性菌リスクについては、表4の耐性菌リスク項目に2つ以上該当する場合は、耐性菌リスクありと判断します。

耐性菌のリスク因子の表

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

終末期の患者さんへの看護計画|間質性肺炎の患者さん

間質性肺炎で終末期の患者さんに関する看護計画  間質性肺炎は異物の吸入や感染といった原因のあるものから原因が特定できないものなどさまざまな要因で、肺の間質が繊維化することでガス交換がうまくできなくなる疾患です。治療しても肺の繊維化が徐々に進行していく場合もあり、それに合わせ

2024/2/29

アクセスランキング

1位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
2位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
3位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
6位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
7位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年12月8日改訂 *2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開...

250001
8位

心電図の基礎知識、基準値(正常値)・異常値、主な異常波形

*2016年9月1日改訂 *2016年12月19日改訂 *2020年4月24日改訂 *2023年7月11日改訂 心電図の基礎知識 心電図とは  心臓には、自ら電気信...

250061
9位

第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用

【関連記事】 *硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】 *術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア *第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方...

295949
10位

採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等

採血とは  採血には、シリンジで血液を採取した後に分注する方法と、針を刺した状態で真空採血管を使用する方法の2種類があります。 採血の準備と手順(シリンジ・真空採血管) 採血時に準備...

250858