1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 透析・腎臓内科
  5. 透析
  6. 血液透析時の穿刺・抜針・止血のコツと注意点とは?

【連載】注射・採血・輸液の手技徹底攻略!

血液透析時の穿刺・抜針・止血のコツと注意点とは?

  • 公開日: 2018/6/13
  • 更新日: 2021/1/6

Q.血液透析時の穿刺・抜針・止血のコツ・注意点を教えてください。

A. 穿刺のコツは皮膚から血管までを最短にして一気に刺すこと、抜針のコツは素早くまっすぐ抜くこと、止血のコツは血流を止めない強さで行うことです。


穿刺のコツは、適度な血管の怒張・皮膚の伸展・最速・コミュニケーション

 よく「痛くない穿刺法はありますか?」といった質問を受けます。最近では痛みを和らげるテープやクリームタイプの麻酔剤がありますが、痛覚がある限り痛みをゼロにすることは難しいと思います。そこで、私が実践している痛みの少ない穿刺のコツを紹介したいと思います。

 まず1つ目の適度な血管の怒張ですが、これは適切な力で駆血をするということです。駆血とは静脈の血流を遮断し、血管内の圧力を高めることで、血管を怒張させ刺しやすくする目的で行います。
 
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

CKD看護にあたってコーチングを学んでみたいあなたへ

ul.section-nav{display:none;} 目次 看護師がコーチングのスキルを身につけるには 資格認定制度とスキルの獲得 研修を受けたら即、使えるわけではない 気球をもう1度、空へ上げる2つの方法 ※「研修を

2020/1/19