1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. 看護管理・教育
  5. 看護記録
  6. 考えすぎて「看護問題」がわからなくなってきたら

【連載】実習記録のキホンの「キ」

考えすぎて「看護問題」がわからなくなってきたら

  • 公開日: 2021/2/28

考えれば考えるほどわからなくなっていく

 「看護って、なんなんだろう。看護が何かわからなくなってしまいました」
という短いメッセージが送られてきました。


 この心情に至るまでに、いろんな経験があったのだと思います。


 そして、何かの瞬間にふと、こんなふうに感じたんでしょうね。


 この答えがきっと、あなたの「看護観」になると思います。


 あなたの思う、あなたの考える「看護とは」が定まると、あなたの看護師としての行動への迷いは減っていくでしょう。


 行動というのは、思考の結果で起こるものです。


 つまり、思考が行動に反映されるということです。


 こう考えているから、こういう行動になる、という関係です。


 最初は、きちんとした言葉にならなくてもいいと思います。一旦「これだ」と思った後に、変わってもいいと思います。それでも、「考えて」言葉にしてみましょう。


 自分で納得した、その「考え(思考)」が看護師としての実践(行動)を支えてくれるように思います。


もし看護に迷ったら…「NANDA」をひらこう

 とはいえ、そこまで待っていられないときもあるかもしれません。


>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

看護計画に個別性を出すには

誰でも一度はハマる「個別性」の沼  「看護計画に個別性がない」というのは、言い換えると、受け持ち患者さんの特徴が表れていませんよ、ということ。でも、受け持ち患者さんの特徴が表れていないなんて、そんなはずはないんですよ。  受け持ち患者さんの話を聞かせてもらって、カルテ

2021/4/30