1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 循環器科
  5. 心疾患
  6. 心不全
  7. Nohria-Stevenson分類

【連載】スケール・評価基準を使いこなそう!

Nohria-Stevenson分類

  • 公開日: 2021/3/4

Nohria-Stevenson分類は何を判断するもの?

 Nohria-Stevenson分類は、心不全の病態を身体所見からより簡便に評価するための指標です。うっ血所見の有無(wet/dry)および低灌流所見の有無(warm/cold)に基づき、心不全の病態をProfile A、Profile B、Profile C、Profile Lの4つのプロファイルに分類しており、予後予測や治療方針を決める際にも用いられています(図)。


図 Nohria-Stevenson分類

Nohria-Stevenson分類(ノリア・スティーブンソン分類)

 Profile Aは重症度としては軽症とされ1)、心臓移植を含む短期間での死亡例は、Profile BとCに多くみられます2)。Profile Lに分類されるケースは少なく、実臨床では拡張型心筋症などの終末期で認められることが多い病態であると考えられています1)


 心不全の病態把握の分類というと、Forrester分類が頭に浮かぶ人も多いと思いますが、Forrester分類は観血的測定を前提としており、幅広い患者さんに適応することは難しいところがあります。その点、Nohria-Stevenson分類は、フィジカルイグザミネーションで得られる身体所見情報だけで評価できるため、臨床で頻用されています。


 看護師、理学療法士、作業療法士、言語療法士といった、医師以外の医療職者でも簡便に心不全症状や病態を評価できることも、Nohria-Stevenson分類の強みであり、優れている点といえます。


Nohria-Stevenson分類はこう使う!

 まず、うっ血所見として、起坐呼吸、頸静脈の怒張、浮腫、腹水、肝頸静脈逆流が出現していないかを観察します。頸静脈の怒張の有無を確認する際は、30~45度ベッドアップした状態で行います。臥床位では、頸静脈は怒張しているのが正常な所見となるため、注意が必要です。


 続いて、低灌流所見として、小さい脈圧、四肢冷感、傾眠傾向、低Na血症、腎機能悪化がないかを観察します。低Na血症については、血清Na値が135mEq/L以下を指します。心拍出量が低下すると、生体はそれを代償しようと腎臓からの排泄(尿)を制限することで循環血液量を増やそうと反応します。その結果、水分が多い血液となり、血清Na濃度が希釈され低くなります。低灌流所見に低Na血症が含まれるのはこのためです。


 全身を観察し、うっ血および低灌流に伴う症状や所見がいくつみられるかで、その患者さんのプロファイルが決定されます。例えば、起坐呼吸と末梢冷感を認め、血圧が80/60mmHgの患者さんがいるとします。この場合、うっ血所見として起坐呼吸、低灌流所見として小さい脈圧、四肢冷感が当てはまります。よって、プロファイルはc、wet/coldとなります。


Nohria-Stevenson分類を看護に活かす!

 Nohria-Stevenson分類は、経時的に評価することに意味があります。一時点での評価に意味がないわけではありませんが、薬剤による心不全治療の効果判定や心臓リハビリテーション導入時の過負荷の評価など、症状の経時的変化をこのスケールに当てはめて観察することで、心不全が代償できているかどうか(Profile Aに分類されれば代償できている)を看護師でも判断できます。


 心不全の治療効果は、心機能の改善(心エコーのLVEFなど)で評価されるのではなく、活動時・体動時の心不全症状が代償できているかどうかで決まります。看護師は、日常生活援助をする際に、うっ血および低灌流の症状が出ていないか観察しながら看護します。


 同じ日常生活援助や活動量でも、治療により経時的に症状が出現しなくなっていれば、心不全は代償できていると評価できます。例えば、清拭の際に息切れがみられた患者さんが、治療後の清拭では息切れが出なくなったり、1人で入浴しても息切れしなくなったといった場合には、心不全は代償できていると評価します。


 また、一例になりますが、β遮断薬の導入や増量時には、心不全症状が顕在化する可能性があります。うっ血および低灌流の症状がないかを意図的に観察し、Nohria-Stevenson分類に当てはめて、患者さんの状態をアセスメントできるようになるとよいでしょう。


 ほかに、Profile BあるいはProfile Cに分類された患者さんは重症という認識をもち、密な観察を行うことも重要です。


引用文献

1)渡邊雅貴:急性心不全症候群の新しい病態分類.ICUとCCU 2011;35(1):19.

2)日本循環器学会,他:急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版),2018,p.12.

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

CHADS2スコア、CHA2DS2-VAScスコア

CHADS2スコア、CHA2DS2-VAScスコアは何を判断するもの?  CHADS2スコアおよびCHA2DS2-VAScスコアは、非弁膜症性心房細動の患者さんにおける脳梗塞発症のリスクを評価するためのスケールです。  CHADS2スコアは、脳梗塞の発症にかかわる危険

2022/4/27

アクセスランキング

1位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
2位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
3位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくな

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。 【関連記事】 * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 血管が見えない患者...

250750
7位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは  気管吸引ガイドライ...

250001
8位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
9位

【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

249989
10位

【図解】膀胱留置カテーテルの導入手順~根拠がわかる看護技

持続的導尿(膀胱留置カテーテル)は、尿道の損傷や尿路感染のリスクがあり、慎重に行わなければならない難しいケアです。ここでは、手順とともにその根拠や注意すべきポイントを紹介していきます。 ...

249988