1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 新生児・小児看護
  5. 小児看護
  6. 第7回 小児・乳児の救急蘇生法|心肺蘇生(胸骨圧迫・人工呼吸)、AED、気道異物除去など

【連載】小児科で必要な看護技術を学ぼう!

第7回 小児・乳児の救急蘇生法|心肺蘇生(胸骨圧迫・人工呼吸)、AED、気道異物除去など

  • 公開日: 2022/4/17

小児の蘇生も成人と同様に、医療従事者を含め誰でも実施することができる一次救命処置(Pediatric Basic Life Support:PBLS)と、医療機関において医療従事者が行う二次救命処置(Pediatric Advanced Life Support:PALS)があります。今回はPBLSを中心に解説します。


救急蘇生法とは

 救急蘇生法とは、容態が急変した人に対して行う救命処置のことを指します。心肺蘇生(cardiopulmonary resuscitation:CPR)を構成する重要な2つの要素は、胸骨圧迫と人工呼吸です。傷病者の生存の可能性は、質の高いCPRによって向上します。質の高いCPRの特徴を学び、スキルを効果的に実施できるようにすることが大切です。

救急時における評価の仕方

①周囲の安全を確認し、まず傷病者の反応の有無を評価します。肩を軽くたたきながら大声で呼びかけても、何らかの反応や目的をもった仕草が認められなければ、「反応なし」とみなします。乳児の場合は、足底を刺激して顔をしかめたり、泣いたりするかで評価します。反応がない場合は応援を要請します。

②呼吸状態が正常か異常かを調べます。呼吸をしていない、死戦期呼吸がみられる、またはわからない場合は胸骨圧迫から開始します。

小児の一次救命処置(Pediatric Basic Life Support:PBLS)

気道確保

◆目的

 気道の狭窄や閉塞時、人工的に気道を開通させ、空気の通り道を確保することです。

◆方法
 全身状態の観察を行い、反応のない患児では部分的気道閉塞が起こりやすいため、体位を整え気道確保を行います。気道確保には、頭部後屈あご先挙上法と下顎挙上法があります。
気道確保

CPR(胸骨圧迫+人工呼吸)

 胸骨圧迫30回、人工呼吸2回の順にCPRを行います。小児・乳児で救助者が2人の時は、圧迫換気比を15:2へ変更します。

【胸骨圧迫】

◆目的

 心停止した患児の脳や心臓に血液の循環を促します。

◆手順
胸骨圧迫

【人工呼吸】

◆目的

 自発呼吸が不十分な患児に対し、肺に酸素を含んだ空気を送り、換気を補助します。

◆手順
人工呼吸

【CPR(胸骨圧迫+人工呼吸)のまとめ】

 CPRについては、年齢ごとの違いを把握しておくとよいでしょう(表2)。

表2 小児におけるCPRのポイント(年齢別)
年齢乳児(1歳未満)小児(1~15歳)成人(16歳以上)
脈拍チェック上腕動脈
頸動脈、大腿動脈
頸動脈
胸骨圧迫部位・方法【部位】
胸骨の下半分(乳頭間線の少し足側)
【方法】
救助者1名:2本指法
救助者2名:胸郭包み込み両母指圧迫法
【部位】
胸骨の下半分
【方法】
両手または片手の付け根で圧迫
【部位】
胸骨の下半分
【方法】
両手の付け根を合わせて圧迫
圧迫の深さ胸部前後径の約1/3(約4cm)
胸部前後径の約1/3(約5cm)
約5cm
圧迫の速度
100~120回/分

胸骨圧迫:換気比救助者1名=30:2
救助者2名=15:2
救助者1名=30:2
救助者2名=15:2
救助者数にかかわらず30:2
換気回数(高度気道確保時)
2~3秒に1回の換気

6秒に1回の換気

自動体外式除細動器(automated external defibrillators:AED)

 AEDはショックを必要とする異常な心リズムを特定し、ショックを与えることができるコンピューター制御の装置です。AEDは操作が簡単で、医療従事者はこれを使用して安全に除細動を試みることができます。

 乳児または未就学児に対してAEDを使用する場合は、いくつかの留意事項があります。一部のAEDでは、成人用と小児用とで異なるエネルギー量のショックが与えられるように改良されており、エネルギー量を選択する方法は、使用するAEDの種類によって異なります。

 小学生以上では成人用パッド(小学生~大人用パッド)で操作し、乳児を含む未就学児(およそ6歳まで)では小児用パッド(未就学児用パッド)で操作する必要があります。

◆手順
AED

気道異物除去

 急変時の呼吸停止は窒息によることが多く、その原因のほとんどが気道異物による気道閉塞と考えられています。気道閉塞は認められる徴候により、軽度と重度に大きく分けられます(表3)。

表3 気道閉塞時の主な徴候と対応
気道閉塞時の徴候と対応

◆反応がある乳児における窒息への対応の手順
背部叩打法

◆反応がある1歳以上の患児における窒息への対応の手順
腹部突き上げ法

PBLSのまとめ

 成人の心停止は突然発症し、心原性であることが多いですが、小児の心停止は呼吸不全およびショックに続発して起こることが多くあります。成人だけではなく、小児に対するBLSアルゴリズムや救助方法を把握しておきましょう。

参考文献

●日本蘇生協議会 監:JRC 蘇生ガイドライン2020.医学書院,2021.
●American Heart Association:AHA BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2020準拠.シナジー,2021.

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

第5回 小児の吸引(気管吸引)|目的、手順、注意点

吸引の目的  小児は上気道が狭く自分の力で分泌物を喀出できないことがあるため、気道閉塞を起こしやすい状態になっています。そのため、下記の目的で必要時に吸引を実施します。 ①気道分泌物などの異物の除去 ②気道閉塞の防止と換気の改善 吸引の適応  以下のような症状が

2022/2/15

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
4位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
5位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
6位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001
7位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
8位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
9位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
10位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501