1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 消化器科
  5. RomeⅣ診断基準

【連載】スケール・評価基準を使いこなそう!

RomeⅣ診断基準

  • 公開日: 2022/10/13

RomeⅣ診断基準は何を判断するもの?

 RomeⅣ診断基準は、過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome:IBS)の国際的な診断基準です。

 RomeⅣ診断基準は2016年に発表されましたが、それ以前に用いられていたRomeⅢ診断基準と異なる点として、診断要件から腹部不快感が除外されたこと、腹痛がより高頻度に起こるものを病的であるとしたことなどが挙げられます。

 なお、Rome診断基準では、便の性状や排便頻度といった症状のみでIBSの診断を行うため、類似した症状を引き起こす器質的疾患の除外が困難ですが、不必要な検査を省略することができ、有意に疾患を絞り込める点が評価されています1)

RomeⅣ診断基準はこう使う!

 RomeⅣ診断基準は、表1のとおりです。この基準に照らしてIBSの診断が行われます。IBSと診断された場合はさらに、便の性状によって「下痢型」「便秘型」「混合型」「分類不能型」の4つのタイプに分類され(表2)、治療方針を検討する際の指標として役立てられます。

表1 RomeⅣ診断基準

繰り返す腹痛が、最近3カ月の間で平均して少なくとも週1日あり、次のうち2つ以上の基準を満たす

①排便に関連する
②排便頻度の変化を伴う
③便形状(外観)の変化を伴う

※少なくとも診断の6カ月以上前に症状があり、最近3カ月間は基準を満たしていること

表2 IBSの分類

便秘型 IBS(IBS-C)硬便または兎糞状便が25%以上あり、軟便(泥状便)または水様便が25%未満のもの
下痢型 IBS(IBS-D)軟便(泥状便)または水様便が25%以上あり、硬便または兎糞状便が25%未満のもの
混合型 IBS(IBS-M)硬便または兎糞状便が25%以上あり、軟便(泥状便)または水様便も25%以上のもの
分類不能型 IBS便性状異常の基準が上記3タイプのいずれも満たさないもの
Lacy BE,et al:Bowel Disorders.Gastroenterology 2016;150(6);1393-407.より引用

 前述したように、RomeⅣ診断基準を用いることで、簡易的かつ効率的にIBSの診断につなげることができますが、器質的疾患の除外が難しいというデメリットもあるため、診断をする際は、体重減少や血便の有無など、他疾患を示唆する所見がないか慎重に問診、触診を行う必要があります。

RomeⅣ診断基準の結果を看護に活かす!

 IBSは、頻回な排便や腹痛などで日常生活に支障を来すケースも多く、症状を悪化させないための指導が求められます。

 例えば、食生活に関しては、規則正しい食事と十分な水分摂取を心がけるよう伝えます。脂質、カフェイン、香辛料、ミルクや乳製品(乳糖不耐症の場合)などは、IBSの症状を増悪させる可能性があり2)、3)、摂取を控えるように指導することも重要です。

 また、IBSのタイプによって、症状や選択される治療法は異なります。RomeⅣ診断基準において、患者さんがどのタイプに分類されているかを確認し、状態把握に努めるとともに、症状が改善するまで治療が継続できるよう支援します。

引用・参考文献

1)P Jellema,et al:Systematic review: accuracy of symptom-based criteria for diagnosis of irritable bowel syndrome in primary care.Aliment Pharmacol Ther 2009;30(7):695-706.
2)Susan J Shepherd,et al:Dietary triggers of abdominal symptoms in patients with irritable bowel syndrome: randomized placebo-controlled evidence.Clin Gastroenterol Hepatol 2008;6(7):765-71.
3)日本消化器病学会:機能性消化管疾患診療ガイドライン2020-過敏性腸症候群(IBS)(改訂第2版).p.38.(2022年9月10日閲覧) https://www.jsge.or.jp/guideline/guideline/pdf/IBSGL2020_.pdf#page=49
●日本大腸肛門病学会「過敏性腸症候群について」(2022年9月10日閲覧) https://www.coloproctology.gr.jp/modules/citizen/index.php?content_id=5

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

国際的天疱瘡重症度基準(Pemphigus Disease Area Index:PDAI)

PDAIは何を判断するもの?  国際的天疱瘡重症度基準(Pemphigus Disease Area Index:PDAI)とは、天疱瘡の重症度を評価するためのスケールです。  天疱瘡は、表皮細胞同士の接着を助けるデスモグレインと呼ばれるタンパク質に対する自己抗体が形成さ

2024/4/15

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
3位

人工呼吸器の看護|設定・モード・アラーム対応まとめ

みんなが苦手な人工呼吸器 多くの人が苦手という人工呼吸器。苦手といっても、仕組みがよくわからない人もいれば、換気モードがわからないという人などさまざまではないでしょうか。ここでは、人工呼...

250017
4位

SIRS(全身性炎症反応症候群)とは?基準は?

*この記事は2016年7月4日に更新しました。 SIRS(全身性炎症反応症候群)について解説します。 SIRS(全身性炎症反応症候群)とは? SIRS(全身性炎症反応...

250839
5位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年12月8日改訂 *2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開...

250001
6位

採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等

採血とは  採血には、シリンジで血液を採取した後に分注する方法と、針を刺した状態で真空採血管を使用する方法の2種類があります。 採血の準備と手順(シリンジ・真空採血管) 採血時に準備...

250858
7位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
8位

心電図の基礎知識、基準値(正常値)・異常値、主な異常波形

*2016年9月1日改訂 *2016年12月19日改訂 *2020年4月24日改訂 *2023年7月11日改訂 心電図の基礎知識 心電図とは  心臓には、自ら電気信...

250061
9位

第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用

【関連記事】 *硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】 *術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア *第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方...

295949
10位

Aライン確保の目的、手順、手技・観察のポイント

【関連記事】 * 輸液ライン(点滴ライン)作り方 9ステップ * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 【血圧異常】異常に高い血圧への対応 7ステップ Aライン...

249090