1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. PaPスコア(Palliative Prognosis Score)

【連載】スケール・評価基準を使いこなそう!

PaPスコア(Palliative Prognosis Score)

  • 公開日: 2022/7/21

PaPスコアは何を評価するもの?

 PaPスコア(Palliative Prognosis Score)は、月単位の中期的な生命予後を予測するためのスケールです。

 生命予後を正しく予測することは、患者さんや家族が終末期に向かって行うべき医療の選択をする上で重要となります。そのため、世界的にさまざまな研究が行われ、より高い精度で生命予後の予測が可能となるスケールが研究されてきました。

 PaPスコアでは、臨床的な予後の予測、Karnofsky Performance Scale(ADL)、食思不振、呼吸困難、白血球数、リンパ球の割合についてそれぞれスケーリングを行い、総合点から予後の予測を立てます。高い精度をもちますが、臨床的な予後の予測に関する点数が高い割合を占めるため、検者の臨床的な経験や見解によってスケーリングに差が出る点がデメリットといえます。

 なお、一般的な生命予後のスケールは主にがん患者さんが対象となりますが、PaPスコアは、がん患者さん以外にも使用することができます。

PaPスコアはこう使う!

 上述したように、PaPスコアでは、臨床的な予後の予測やADLなどついてスケーリングを行い、総合点から予後を予測します(表1)。

 最も大きな割合を占めるのは臨床的な予後の予測であり、「1~2週」「3~4週」「5~6週」「7~10週」「11~12週」「13週以上」をそれぞれ8.5~0点にスケーリングします。ADLに関しては「Karnofsky Performance Scale」という独自のスケールを用いて評価します(表2)。

 カットオフ値を用いての評価と、合計点からリスク群を分類した上での評価が可能で、カットオフ値を用いて評価する場合は、9点以上を「21日以下(週単位)の可能性が高い」とし、5.5点以下を「30日以上(月単位)の可能性が高い」と予測します。

 一方、リスク群を分類して評価する場合は、0~5.5点をGroup A 、5.6~11点をGroup B、11.1~17.5点をGroup Cとして3群に分けて予後を予測しますが、点数が高くなるにつれ予後は短くなります。

表1 PaPスコア

臨床的な予後の予測1~2週8.5
3~4週6.0
5~6週4.5
7~10週2.5
11~12週2.0
>12週0
Karnofsky Performance Scale10~202.5
≧300
食思不振あり1.5
なし0
呼吸困難あり1.0
なし0
白血球数(/㎜3)
>11,0001.5
8,501~11,0000.5
≦8,5000
リンパ球%0~11.9%2.5
12~19.9%1.0
≧20%0

リスク群30日生存率生存期間の95%信頼区間
A(0~5.5点)>70%67~87日
B(5.6~11点)30~70%28~39日
C(11.1~17.5点)<30%11~18日
Maltoni M,et al:Successful validation of the palliative prognostic score in terminally ill cancer patients. Italian Multicenter Study Group on Palliative Care.J Pain Symptom Manage 1999;17(4):240-7.より引用

表2 Karnofsky Performance Scale

Score定義
正常の活動が可能。特別な看護が必要ない100正常。疾患に対する患者の訴えがない。臨床症状なし
90軽い臨床症状はあるが、正常活動可能
80かなり臨床症状があるが、努力して正常の活動可能
労働することは不可能。自宅で生活できて、看護はほとんど個人的な欲求によるものである。さまざまな程度の介助を必要とする70自分自身の世話はできるが、正常の活動・労働することは不可能
60自分に必要なことはできるが、時々介助が必要
50病状を考慮した看護および定期的な医療行為が必要
身の回りのことを自分でできない。施設あるいは病院の看護と同等の看護を必要とする。疾患が急速に進行している可能性がある40動けず、適切な医療および看護が必要
30全く動けず、入院が必要だが死は差し迫っていない
20非常に重症、入院が必要で精力的な治療が必要
10死期が迫っている
0
厚生労働省:最適使用推進ガイドライン ペムブロリズマブ(遺伝子組換え).令和元年,p.10.(2022年6月22日閲覧)https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000584437.pdf より引用

PaPスコアを看護に活かす!

 PaPスコアは、中期的な生命予後を予測するための代表的なスケールです。終末期に向かうと考えられる患者さんの看護では、生命予後予測スコアを適切に活用して、患者さんや家族の意思を反映した治療選択ができるよう支援していきます。

 また、終末期は患者さん、家族ともに精神的な負担が大きくなるため、精神面でのケアやサポートをしていくことも大切です。

参考文献

●日本緩和医療学会:苦痛緩和のための鎮静に関するガイドライン(2010年版).(2022年6月22日閲覧) https://www.jspm.ne.jp/guidelines/sedation/2010/chapter05/05_03_01.php
●日本緩和医療学会:終末期癌患者に対する輸液治療のガイドライン.(2022年6月22日閲覧) https://www.jspm.ne.jp/files/guideline/glhyd_2006/glhyd01.pdf
●聖隷三方原病院:症状緩和ガイド.(2022年6月22日閲覧) http://www.seirei.or.jp/mikatahara/doc_kanwa/contents7/71.html

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

CNS-FACEⅡ(家族アセスメント)

CNS-FACEⅡは何を判断するもの?  CNS-FACEⅡとは、救急医療や集中治療医療など、クリティカルケアを受けている患者さん家族の心理的側面を評価するためのスケールです。  クリティカルケアを受ける患者さんの家族へのケアは看護の場でも非常に重要な事項の一つですが、ケ

2022/9/22

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
4位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
5位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
6位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
7位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
8位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
9位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791
10位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636