1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. どうするとよい? がんの終末期の褥瘡予防【PR】

【連載】がんの治療で起こる皮膚障害へのスキンケアQ&A

どうするとよい? がんの終末期の褥瘡予防【PR】

  • 公開日: 2023/1/17
  • # 注目ピックアップ
  • # がんの副作用ケア
  • # スキンケア

この記事では、がんの終末期の患者さんの褥瘡予防について、保湿を受け入れられない患者さんへの指導について解説します。

終末期では褥瘡ができる人が多く、栄養状態が悪いのは承知ですが、どうやったら少しでも防げるでしょうか。

患者さんの苦痛を増加させないことが大切。スモールチェンジなどで対応するとよいでしょう。

褥瘡予防にできること

 終末期に褥瘡ができる人とできない人がいるのは、患者さん自身の個体要因もあるように思います。看護師ができる援助としては、体圧分散寝具の活用や保湿ケアがあります。骨突出部位はどの辺りか、ポジショニングをどのようにしていくかを考えますと、終末期の患者さんの場合、がっつり体位変換するよりも、自動体交のエアマットレスをうまく活用して、どこか1カ所だけでも浮かせるようなスモールチェンジが向いているように思います。

終末期には苦痛を増加させない

 終末期には患者さんの苦痛を増加させることは絶対にしてはいけないと思っています。褥瘡ができないように決められた体位変換をしなくては、痛がっていても身体の向きを変えなくてはというのは、避けなくてはなりません。右を向いているのがこの人にとって安楽ということであれば、それを活かしながら体圧分散寝具やスモールチェンジで骨突出部位に圧力をかけないように工夫することが、求められるケアではないでしょうか。できてしまったものを治すとか、できないように何かするというよりも、患者さんが苦痛なく過ごすためにできることは何かを重視して、褥瘡予防を考えるとよいと思います。



60歳代男性の患者さん。化粧水もクリームも一度も塗ったことがなく、保湿の必要性を説明すると理解はしてくれるものの、「つけると気持ち悪くて洗い流してしまう」と言われました。処方される軟膏もあまりつけたくないとのことでした。
保湿の習慣のない男性に、習慣づけてもらうための指導、「気持ち悪い」を解消する方法がわからず苦労しました。どのように説明するとよいのでしょうか。

何が嫌で、どんなことならやってもよいと考えているのかを一緒に考えます。

成功体験を味わってみる

 この患者さんが保湿剤をつけてくれるのであれば、その後洗い流してしまってもよいのかなと思いました。1回つけてくれれば、つける習慣ができれば、だんだんそれを取り入れる余地が生まれると思うのです。ひとまず入浴剤入りお風呂に入ってみるというのもよいかもしれません。その後は洗い流そうが何しようが、取りあえず1回は成功体験、大丈夫という体験を味わうと、その後は取り入れやすくなると思います。

受け入れられる製品を探してみる

 感触やつけ心地が問題であれば、製剤を変えてみます。化粧水タイプにするとか、さっぱりしたスプレータイプの化粧水などいろいろな保湿剤が出ていますので、その中から受け入れられるものを探してみるのもよいでしょう。副腎皮質ステロイド薬も、ローションタイプ、クリームタイプと色々な剤形がありますので、何がいけないか、何が受け入れられるのかリサーチします。1回はつけてくれたわけですから、製剤を変えればこの方はやってくださるのではないかと思いました。

生活の中に取り入れてもらえる方法を一緒に考える

 完璧を求めてもしょうがないと思うのです。病棟の看護師は、こういわれているからこうしなければならないとか、スキンケアはこうでなければならないとか、そういう思いが強くて、それを一生懸命患者さんに教えて、やってくれないって思うのかもしれません。でも逆に考えたとき、私たち看護師でもそれすべてちゃんとできるのかというと、そうでもないと思うのです。

 患者さんたちにはそれぞれの生活があって、今まで過ごしてきた長い習慣がありますので、こちらのやり方を押しつけるのではなくて、生活の中に取り入れてもらえる方法を一緒に考えるのが看護師の役目かと思っています。少し考え方を変えてみて、「これだけ、最低これだけやって」というものを何かつくって、やってもらえたらよいのではないかと。そして、「これができたらもっとよくなるよ」とプラスしていくと、患者さんも「よかったからもっとやってみようかな」という気持ちになってくれるのではないかと思います。



敏感肌にも使えるミノンシリーズ

ミノン全身保湿ミルク
ミノン全身保湿クリーム

第一三共ヘルスケア_ミノン全身保湿ミルク


敏感肌、バリア機能が乱れやすい肌を支える全身に使える「塗るミノン」。広い範囲のケアにはべたつかないミルクタイプ、乾燥のつらい部位にぴたっと密着感のあるクリームタイプ。


[医薬部外品]販売名:DSミルクz・DSクリームz
200mL、400mL(ミルク)、90g(クリーム)



詳しい製品内容についてはこちら → https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_minon/


がん治療の皮膚ケア情報サイト はだカレッジ


第一三共ヘルスケアのはだカレッジ画像

薬物療法の皮膚障害の情報を提供するサイト。
患者・家族向けの情報と医療従事者向けの情報を掲載。
医療従事者向けでは、「皮膚に学ぶ・薬に学ぶ・症例から学ぶ」「外来で役立つ・病棟で役立つ・生活で役立つ」の6つテーマに分けた情報が得られます。

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_hada-college/hcp/

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

教えて! 在宅での保湿剤の種類と使い分けとアセスメントのポイント【PR】

知っておきたい在宅での保湿剤を使い分けと、皮膚のトラブルを発見した際にはどのようにアセスメントを進めていけばよいのかを解説します。 保湿剤だけでもワセリン、ヘパリン類似物質(ヒルドイドなど)といった種類が豊富で、軟膏状、フォーム状、スプレー状と形状も違うので、どう使

2023/1/24

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
6位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675
7位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
8位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
9位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
10位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791