1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 点滴・輸液
  5. 点滴のコツ
  6. 見やすく抜けにくい留置針の「ルート固定方法」

【連載】500人のギモン&お悩み徹底解決

見やすく抜けにくい留置針の「ルート固定方法」

  • 公開日: 2012/5/7

点滴時の留置針の固定は、刺入部が観察しやすく、抜けにくくしておきたいものです。今回は、留置針の固定方法について解説します。


Q. 点滴時の留置針の刺入部が、見やすく抜けにくい固定方法を教えてください。

A. 刺入部が観察しやすいフィルムドレッシング材で固定し、ラインは蛇行させて伸縮テープでしっかり固定します。

刺入部に滅菌済みのフィルムドレッシング材を使用

刺入部とルートの固定には、正確な与薬の実施と感染予防、さらに患者さんのQOLの確保という側面もあります。状態観察がしやすく、安定した固定をするために、当院では、刺入部には滅菌済みのフィルムドレッシング材を使用しています。

末梢静脈ルート固定方法の一例を紹介します。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

知っておきたい静脈ルート確保に必要な基礎知識

Q. 静脈ルートの確保の経験が少ないのですが、どのようなことを基礎知識として確認しておけばよいでしょうか A. 血管の種類、挿入部位の選び方、挿入方法について知っておきましょう。 おさえておきたい基礎知識  基礎知識として知っておきたいことは、以

2019/2/13