1. トップ
  2. 看護記事
  3. 症状から探す
  4. 浮腫
  5. 浮腫ってどんな状態? 膠質浸透圧・静水圧による浮腫

【連載】IN/OUTバランスと輸液

浮腫ってどんな状態? 膠質浸透圧・静水圧による浮腫

  • 公開日: 2015/6/3
  • 更新日: 2021/1/6

脱水や浮腫などの症候だけでなく、腎不全、心不全、糖尿病など、さまざな疾患の原因となるIN/OUTバランス(水分出納)。ここでは、IN/OUTバランスについて解説します。


▼浮腫についてまとめて読むならコチラ
【浮腫とは?】浮腫のメカニズムと治療・ケア


浮腫はどの部分に水分が溜まっているの?

 細胞間質に過剰に水分が貯留した状態です。

体液過剰の多くは腎機能低下が原因

 本来、IN/OUTはゼロバランスですが、何らかの原因によりOUTが減少して、体内に過剰な水分が保持されてしまった状態が浮腫です。

 腎臓が正常に機能していれば、多少過剰に塩分や水を摂取しても尿量で調節され、一過性の体液過剰で終わりますが、腎機能が低下し、尿量が減少していると、体液過剰の状態が持続することになります。

 ただし、浮腫を起こす疾患は腎機能障害によるものばかりではありません。心不全や肝硬変(低アルブミン血症)、炎症や敗血症、薬剤性など多岐にわたります。

浮腫はどうして起こるのか

 浮腫の原因について、ここでは2つに大別して説明しましょう。
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

【浮腫とは?】浮腫のメカニズムと治療・ケア

ul.section-nav{display:none;} 【目次】 浮腫とは 浮腫のメカニズム 浮腫を引き起こす疾患と治療、ケア <心疾患(うっ血性心不全)> <腎疾患(腎不全、ネフローゼ症候群など)> <肝疾患(肝臓がん、肝硬変)> <その他(

2017/6/15

第1回 浮腫とアルブミン

ul.section-nav{display:none;} さまざまな病態によって現れ、褥瘡の発生や悪化の原因ともなりうる浮腫。日常の看護でも、最も頻繁に出合う症候のひとつではないでしょうか。 一口に「浮腫」といっても、その原因は多岐にわたり、臨床的にも急を要するもの

2014/7/14

心不全患者さんの浮腫(むくみ)をアセスメント

▼心不全の看護について、まとめて読むならコチラ 心不全の看護|原因、種類、診断、治療 ▼浮腫についてまとめて読むならコチラ 【浮腫とは?】浮腫のメカニズムと治療・ケア どんな訴え・症状なの? ●足背など下肢のむくみ ●身体のだるさなどは

2017/3/19

浮腫のアセスメント

患者さんの異変を前に、「迷う」「わからない」「判断ができない」……。 ここでは、そんな体験をした読者から寄せられた「アセスメントに迷いやすい症状」を5つピックアップしました。 症状ごとに、どのような患者情報を集めたらいいのか、判断するときのポイント、アセスメント手技な

2014/1/28

浮腫のアセスメントスケールを活用してみよう!

浮腫のアセスメントスケールを紹介します。 ▼浮腫についてまとめて読むならコチラ 【浮腫とは?】浮腫のメカニズムと治療・ケア 関連記事はこちら ■浮腫とアルブミン ■浮腫のアセスメント ■浮腫があるのに、脱水のため水を欲しがる患者さん(その1)

2014/10/31

新着

~国内28年ぶりの新薬発売。今こそHAEの早期診断・早期治療を~ 「未診断患者ゼロへ HAEとは」

2018年12月7日に東京丸の内、コンファレンススクウェアにて、シャイア―・ジャパン株式会社によるメディアセミナーが開催されました。国の定める指定難病の一つである「遺伝性血管性浮腫(HAE)」の治療薬として、28年ぶりに新薬が発売されたのに伴い、HAE治療の第一人者である

2019/4/4