1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 在宅・地域
  5. 訪問看護
  6. CASE02 やり場のない痛みのコントロールと向き合う

【連載】訪看ステーション「よつば」の公開カンファレンス

CASE02 やり場のない痛みのコントロールと向き合う

  • 公開日: 2016/9/1
  • 更新日: 2021/1/6

困難事例2「“誰もから見放されてしまった”という、やり場のない痛み」があるケース

64歳女性。59歳のとき、自動車事故で頸髄(C3.4)を損傷し緊急入院。
車椅子生活になると同時に嚥下機能も不完全となり、退院後も誤嚥を繰り返していた。
長年の車椅子生活と誤嚥性肺炎を繰り返すことで栄養状態と免疫力が落ちてきたためか、仙骨部と左踵に褥瘡を形成。
褥瘡の発症とともに下肢の痺れや痛みが出現し、痛みの原因を探るべく再度入院へ。

検査の結果は異常なしとのことで、内服の変更とボトックス治療を試みることに。
しかし、痛みは全く軽減されず。さらに痛みを抑える内服薬が増量となり、傾眠がちで食事量も低下し体重も減少(10キロ減)した。
半覚醒での食事摂取による誤嚥リスクの増加とともにストレスが増大し、本人の強い希望で退院となった。

入院中に褥瘡は治癒したものの、下肢の痛みと痙性は改せず悪化。特に夜間に痛みが強く、1時間ごとの体位交換と4時間ごとのロキソニン内服で、本人も家族も限界の状況。そんななか、2016年4月に再び誤嚥性肺炎を発症。
往診医もよつばスタッフも入院を勧めたが、家族より「肺炎より、痛みをなんとかしてほしい。どこの病院に行っても、『あの有名な専門病院で痛みのコントロールができないなら、うちでは無理ですから』と断られてしまい、もうどこに救いを求めたらいいのかわからない」と訴えがあり、入院を拒否。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

K式スケール、在宅版K式スケール(在宅版褥瘡発生リスクアセスメント・スケール)

1.K式スケール、在宅版K式スケールは何を判断するもの?  K式スケールは、前段階要因と引き金要因を、Yes、Noの2択式で評価します。  「金沢大学式褥瘡発生予測尺度」とも呼ばれ、当時金沢大学医学部保健学科教授(現・東京大学大学院医学系研究科教授)の真田弘美

2020/5/30