1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 在宅・地域
  5. 在宅看護
  6. CASE14 不定愁訴が多いが、対症療法薬の管理も困難

【連載】訪看ステーション「よつば」の公開カンファレンス

CASE14 不定愁訴が多いが、対症療法薬の管理も困難

  • 公開日: 2017/4/12
  • 更新日: 2021/1/6

困難事例14 不定愁訴が多く内服管理が困難なケース


70歳で左肺がんで左開胸手術を実施したAさん。その後、術後の後遺症かははっきりしないものの、8年経過している現在も左肩の強い凝りが続いている。
また不定愁訴が多く、市販薬の風邪薬を追加で飲むことが多々あり。
Aさんからの繰り返される不定愁訴に対し、医師が新しい薬を処方すると、本人が希望したにもかかわらず不安があるようで、自己判断で調整されたり、市販薬を追加してしまう。


カンファレンスの理由

不定愁訴が繰り返されるため、医師が新しい薬が処方するが、Aさんは新しい薬にも不安があるらしく、自己判断で調節したり市販薬を追加してしまう。
そのようなAさんに対し家族も困っており、薬の管理が難しいと感じ、どうしたらよいかをよつばスタッフで、カンファレンスすることとなった。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

精神科地域包括ケアと地域共生活動 ~あさかホスピタルグループにおける取り組み~

福島県郡山市において早くから統合型地域精神科治療プログラムを展開する「あさかホスピタル」院長の佐久間啓先生が、同院における精神科地域包括ケアと地域共生活動について紹介します。 精神科医療に求められているもの  現在の医療は急性期医療が中心になっています。長期在

2020/7/30