1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 排痰
  5. 体位ドレナージ・排痰法
  6. 【術後リハ】呼吸器合併症を起こしてしまった患者さん

【連載】事例でみる術後リハビリテーション こんなときどうする?

【術後リハ】呼吸器合併症を起こしてしまった患者さん

  • 公開日: 2017/5/30

今回は、肝臓がん術後呼吸器合併症を起こしてしまった患者さんについて解説します。


▼術前・術後の看護について、まとめて読むならコチラ
術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防など)


【事例】
呼吸器合併症を起こしてしまった患者さん

 58歳男性。肝臓がんと診断され開腹にて肝外側区域切除術を予定の患者さん。術前ADLは自立、職業は会社の管理職。BMI27.5。呼吸機能検査で努力性肺活量95%、1秒率85%。仕事柄ストレスを抱えることが多く毎日飲酒、喫煙(1日20本×30年)をしている。

 術前オリエンテーションとして術後の創部を保護しながら咳や深呼吸を行う方法、疼痛が生じにくい起き上がり方法に関して説明し練習を行った。

 手術当日。大柄な体型であり脂肪が多い影響で縫合などに時間がかかってしまい手術時間が通常手術と比較し1時間延長となった。

 術後翌日、発熱を認め発汗著明。緊急で胸部CTをオーダーしたところ両下葉の肺炎を合併。肺炎治療開始。理学療法士と看護師は、体位排痰法を行った。

 術後3日目には肺炎が軽快し解熱してきたため呼吸リハビリテーションに加え離床も開始。術後5日目に車椅子乗車可能、術後7日目に歩行開始。まだ両下葉部の換気が低下しておりその影響で動作時すぐ呼吸困難を訴えていたため、セルフエクササイズとして背部の呼吸介助を再指導。その後両下葉部の換気も向上し、徐々に呼吸困難の訴えは軽減し術後16日目に病棟内歩行自立となった。その後術後25日目に自宅退院となった。


事例について考えてみよう!

この患者さんの呼吸器合併症のリスク

1 喫煙をしている(1日20本×30年)
2 BMIが27.5%
3 開腹術の施行

 術後の呼吸器合併症のリスクが高くなるリスクファクターは、呼吸機能低下、喫煙、高齢、肥満、開胸開腹手術です。呼吸機能が低下している患者さんや高齢の患者さんは確かに術後呼吸器合併症を起こしやすいですが、肥満の患者さんも術後呼吸器合併症を来しやすくなります。肝臓がんのリスクファクターは肥満であり、また飲酒・喫煙など生活習慣が乱れている患者さんに多いことから、さまざまな要因で呼吸器合併症のリスクが高まりやすい症例となります。

肥満の患者さんが呼吸器合併症を来しやすい理由

1 呼吸機能が低下しやすい

 肥満の患者さんが呼吸器合併症を来しやすい理由は主に2つあると考えられます。1つ目の理由は、脂肪が呼吸を邪魔し深呼吸などが行いにくくなるため、呼吸機能が低下しやすくなりやすいことです。呼吸機能が低下すると十分な酸素を取り込みにくくなり低酸素血症を来しやすく、呼吸器合併症を引き起こしやすくなります。

2 手術時間が長くなる傾向がある

2つめの理由は、脂肪が多いと手術時間が長くなりやすくなり、その影響で臥床期間が長くなりやすくなることが影響することです。臥床期間が長くなると肺や心臓の重量の影響で背中側の肺胞は十分に膨らまない傾向になります。

 一方、仰臥位であることから、背側は肺血流が多い状態となっています。このため背側では肺胞換気が低下し肺血流が多いというミスマッチが起こり、肺でのガス交換機能は低下し、低酸素血症を生じやすくなります。

 今回の事例も、肥満が影響し手術時間が延長していることから、肥満は長期臥床の要因となってしまうことが予想されます。また、上記理由で肥満患者さんは低酸素血症を来しやすいことから、動作に対し呼吸困難を訴えやすい傾向にもあります。

どうしたらよかった?

 今回の事例のように両下葉部の肺炎を合併してしまったら、背側の換気向上目的で体位排痰法などを行うとよいでしょう。また、ある程度離床が進んできたらセルフエクササイズとして背側の呼吸介助を患者さん自身でも行っていただくのもよいでしょう。

まとめ

 術後呼吸器合併症が生じてしまったら、リハビリ職種など多職種と連携し早期治療が図れるような環境作りも重要であると思います。

新着

間質性肺炎の看護|分類・観察項目・看護計画など

ul.section-nav{display:none;} 目次 間質性肺炎とは 間質性肺炎の原因、分類 原因が特定できる間質性肺炎 原因が特定できない間質性肺炎 間質性肺炎の症状、身体所見 間質性肺炎の検査 間質性肺炎の治療 薬物療

2020/8/3