1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 呼吸器科
  5. 呼吸器疾患
  6. 肺炎
  7. 機器を使用した間質性肺炎の治療|入院中のNPPV・酸素療法

【連載】COPDとは全く違う! 知ってる? 間質性肺炎の看護

機器を使用した間質性肺炎の治療|入院中のNPPV・酸素療法

  • 公開日: 2019/7/28

退院に向けた機器管理が大切

 間質性肺炎では呼吸器症状の変化が急激に出現しやすく、特徴として労作時の低酸素および強い呼吸困難感があります。そのため、呼吸困難感による生命危機への不安など精神的支援が重要です。機器導入時には全身状態だけでなく、精神的な介入や今後を見据えた機器管理を行う必要があります。

 この章では、入院時から退院を見据えた機器管理を伴う治療に焦点を置き、必要性について述べます。

間質性肺炎における適応

酸素療法の適応

 間質性肺炎の酸素療法では、酸素化の低下の程度に応じて酸素投与を行う必要があります。目標とする酸素飽和度は90%以上の維持を目安として酸素量を調整します(表1)。

酸素療法の適応

 特発性肺線維症(idiopathic pulmonary fibrosis:IPF)患者における長期間酸素療法(long term oxygen therapy:LTOT)は、慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)と異なり、明らかな予後改善効果は証明されていません。しかし、副作用もないと報告されており、乾性咳嗽、呼吸困難、頻脈の軽減、健康関連QOL(quality of life)の向上を期待して、対症療法として用いられることもあります。

 導入では、安静時と労作時の酸素必要量が異なるため、生活状況を踏まえた労作評価を実施して酸素流量を決定します。酸素吸入により、運動耐容能の向上や自覚症状の改善効果が期待されます。また、間質性肺疾患の進行に伴い肺高血圧が認められますが、酸素吸入は肺高血圧に対して治療効果が認められています。

●急性期での酸素療法
 酸素療法を開始する患者は、心不全や肺高血圧症を合併しやすい状態にあるため、バイタルサインを確認しながら、労作時の酸素流量の調整を行います。投与量は血液ガス分析データを参考に決定し、パルスオキシメーターでSpO₂値90%以上となるように調整します。ただし、急性期の病状は不安定なため、マスクやカニューレなどでは酸素化が維持できず、しばしば後述するハイフローセラピー(high flow therapy:HFT)や非侵襲的陽圧換気療法(noninvasive positive pressure ventilation:NPPV)を要することもあります。

●慢性期/終末期での酸素療法
 日本呼吸器学会によるLTOTの適応は表2のとおりです。間質性肺炎の初期は、安静時の酸素化が保たれ、労作時低酸素血症が先に起こるため、LTOTを労作時のみ導入することもあります。

在宅酸素療法導入基準

 患者によっては、低酸素血症になっていても呼吸困難を感じないことがあります。そのような患者は低酸素状態で動いてしまい、肺動脈の血管攣縮を起こし、右心不全を生じやすくなります。右心不全が生じると顔面や下腿に浮腫を起こします。体表に浮腫が認められる場合には、低酸素血症が原因となっていないか、観察・検査が必要です。

 IPF患者はCOPD患者と違い、高度の低酸素血症となる一方で、終末期でない限りCO2の蓄積を起こさないという特徴があります。そのため、労作時の酸素吸入量を低めに保つ必要はなく、十分な流量の酸素を吸入させることが重要です。

 また、IPFや特発性非特異性間質性肺炎(nonspecific interstitial pneumonia:NSIP)の呼吸不全例のなかには、睡眠時無呼吸症候群を併存している場合があり、酸素療法と併用して経鼻的持続陽圧呼吸療法(continuous positive airway pressure:CPAP)を導入して加療することもあります。

NPPV療法の適応

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

再確認しよう! 65歳以上の肺炎対策

2023年8月28日に肺炎に関するメディアセミナーが開催されました。日本人の死因の第5位を占める肺炎の死亡者は、約98%が65歳以上の高齢者が占めています。そこで、「人生100年時代、いま改めて65歳以上が注意しておきたい肺炎対策—Life-course immunizati

2024/2/9

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675
3位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
4位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
5位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791
6位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
7位

アプガースコア(アプガー指数)

【関連記事】 ●新生児仮死における低酸素虚血性脳症の重症度分類|Sarnat分類 ●小児救急におけるトリアージと適切なアセスメント ●第1回 無痛分娩の麻酔の適応、方法、禁忌、外来での説...

248441
8位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
9位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
10位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818