1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. 看護管理・教育
  5. 看護記録
  6. 行動目標がずれているってどういうこと?

【連載】実習記録のキホンの「キ」

行動目標がずれているってどういうこと?

  • 公開日: 2020/12/17

「ずれる」とは

 goo 国語辞書によりますと、「ずれる」には次のような意味があります。
1.元あったところから、少しすべり動いて移る。あるべき位置から少し動いたり、基準の位置に合わない状態になる。
2.標準や基準から少しはずれる。また、考え方などに隔たりができて食い違う。


 改めて気づいたのですが、「ずれる」というのは、「少しだけ」ということがカギになっていますね。ということは、「ずれている」と言われても安心してください。大幅に間違っているわけではなく、少しだけあるべき位置に戻せばよいということです。


 でも、あるべき位置(基準)を知らないと戻せない


 「ずれる」について、もうひとつ確認しておきたいのは、ずれているかどうかを判断するには、「基準がある」ことが前提であるということです。比べる「何か」と照らし合わせたところ、そこに合っていない=ずれている、ということなのですよね。


ずれてるのイメージカット

 ということは、あるべき位置(基準)に戻すために、「あるべき位置」を知っておく必要があります。


 そう、ここなのです。


 ずれてもいいのです。ずれたら、戻せばいいので。ずれたら戻せばいいのですが、戻せないときに困るわけです。戻せないのはなぜかというと、戻す能力がないからではないのです。どこに戻せばいいのかがわからないので、戻せないことがほとんどなのです。ずれていると指摘されて、直せないということは、そういうことです。


>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

看護計画に個別性を出すには

誰でも一度はハマる「個別性」の沼  「看護計画に個別性がない」というのは、言い換えると、受け持ち患者さんの特徴が表れていませんよ、ということ。でも、受け持ち患者さんの特徴が表れていないなんて、そんなはずはないんですよ。  受け持ち患者さんの話を聞かせてもらって、カルテ

2021/4/30