1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. 看護管理・教育
  5. 看護記録
  6. アセスメントが浅いとは?

【連載】実習記録のキホンの「キ」

アセスメントが浅いとは?

  • 公開日: 2021/3/31

「アセスメントが浅い」とされた場合の共通点

 アセスメントが浅い、と指摘を受けるとき、考えられるケースはいろいろあります。主に、以下のような「浅さ」が挙げられます。


1.十分な情報がそろっていないため、結果としてのアセスメントに不足がある
2.十分な情報の読み取りができていないため、裏付けが十分ではないアセスメントになっている
3.看護介入が必要な状態を引き起こしている原因を、十分に挙げることができていない


 これらに共通するのは「足りていない」という点です。


 「間違い」なのではなく「足りていない」という、この違いが重要です。


 ゼロからのやり直しではなく、追加することで修正ができる場合が多いという点が、大きな違いです。つまり、書いたアセスメントのすべてが「間違っている」わけではなく、「足りない部分があるので、補足をすればよい」状態だということです。


 足りていない状態ではあるけれど、足りている部分に関しては、できていることが多いです。ダメ出しされた……、私は全然ダメだ……と落ち込みすぎないでくださいね。


 さて、アセスメントが浅い、という指摘を受けたとき、具体的に何を指しているのかによって、対策は異なります。


>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

看護計画に個別性を出すには

誰でも一度はハマる「個別性」の沼  「看護計画に個別性がない」というのは、言い換えると、受け持ち患者さんの特徴が表れていませんよ、ということ。でも、受け持ち患者さんの特徴が表れていないなんて、そんなはずはないんですよ。  受け持ち患者さんの話を聞かせてもらって、カルテ

2021/4/30