1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 脳神経内科
  5. 腰椎穿刺(ルンバール)の介助|目的、手順、観察項目、合併症とケア

【連載】脳神経内科で必要な看護技術を学ぼう!

腰椎穿刺(ルンバール)の介助|目的、手順、観察項目、合併症とケア

  • 公開日: 2021/12/13

腰椎穿刺とは

 脳や脊髄は髄膜によって包まれ、無色透明の脳脊髄液(髄液)に浮いた状態で存在しています。髄液は外部環境の変化や衝撃から脳・脊髄を保護するとともに、脳の形状維持の役割を担っています。脳室やくも膜下腔を循環している髄液の量は成人で約150mLであり、1日に産生される髄液は約500mLです。1日に何度も入れ替わり、産生と吸収は均衡しています。

 正常な場合、髄液圧は70~180mmH2O程度に保たれていますが、何らかの理由で髄液圧に変化が生じたり、髄液量の増加や感染症を起こすことがあります。これらの原因を精査し診断をつけるために、両側腸骨稜の最上端を結んだヤコビー線を参考に、第3-4腰椎間あるいは第4-5の腰椎間を穿刺し、髄液を採取します。これを腰椎穿刺といいます(図1)。腰椎穿刺は診断だけでなく、髄腔内への薬剤投与を目的とすることもあります。

図1 腰椎穿刺

腰椎穿刺

腰椎穿刺の目的

・髄液採取による疾患の確定診断
・髄液圧による疾患の確定診断
・髄腔内への薬物投与

腰椎穿刺の適応、禁忌

適応

・中枢神経系および髄膜の疾患が疑われる場合
・頭痛、悪心・嘔吐、項部硬直、意識障害があり、髄膜炎、脳炎、脳腫瘍、くも膜下出血、脊髄腫瘍などを疑う場合
・腰椎麻酔を実施する場合
・抗菌薬や抗がん剤をくも膜下注入する場合

禁忌

・出血傾向や凝固系機能に異常がある
・局所麻酔によるアレルギーを起こすリスクがある
・頭蓋内に腫瘍、血腫、脳腫脹などがあり、頭蓋内圧亢進を認める(脳ヘルニアを誘発するおそれがある)
・穿刺部位に創感染がある

髄液の性状

 髄液は、疾患により性状が異なります(表)。疾患ごとにみられる髄液の特徴を理解しておくことで、患者さんの状態や経過を把握するのに役立ちます。

表 疾患別にみた髄液の特徴

腰椎穿刺の手順と介助(髄液採取、髄液圧を確認する場合)

必要物品の例 ※各施設により異なる

・ルンバールセット(三方活栓付スパイナル針1本、23G注射針1本、マノメーター1本、試験管必要分)(図2)

図2 ルンバールセット
左から、三方活栓付スパイナル針、マノメーター、試験管(株式会社八光)

・消毒薬

・局所麻酔薬
・滅菌ガーゼ数枚
・シリンジ10mL(または5mL)1本
・注射針(18G、23G各1本)
・滅菌鑷子
・滅菌穴あきドレープ
・滅菌手袋
・滅菌ガウン
・サージカルマスク

手順と介助

【検査前】

医師:検査の目的、方法、所要時間、合併症などについて患者さんへ説明を行い、同意を得ます。消毒薬、麻酔薬などの薬剤アレルギーの有無を確認します。
看護師:医師からの説明を受け、検査に同意しているか確認し、不安や疑問があれば対応します。体位保持について協力を依頼します。
看護師:排泄、最終食事時間を確認します。尿意などで検査が中断されることを防ぐため、事前にトイレに行くよう伝えます。
看護師:バイタルサインの測定を行います。
看護師:ベッド周囲を整え、必要物品を準備します(清潔区域を作り、必要物品を外袋から出し、すぐに使用できるようにしておく。清潔区域を作れない場合は、都度手渡しをする)。
看護師:医師に体位を確認します。
看護師:患者さんの体位を整え、衣服をずらして背部を露出させます。衣服が汚染しないよう処置用シーツを使用するとともに、バスタオルなどでプライバシーや保温に配慮します。
⑧看護師:穿刺部の皮膚を観察します。

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

House-Brackmann法

House-Brackmann法は何を判断するもの?  House-Brackmann法とは、顔面神経麻痺の重症度を評価するためのスケールです。顔面神経麻痺の重症度を評価するスケールは多くありますが、肉眼的評価を行う場合、日本ではHouse-Brackmann法と40点法(柳原

2024/3/5

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
3位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年12月8日改訂 *2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開...

250001
4位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
5位

第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用

【関連記事】 *硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】 *術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア *第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方...

295949
6位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
7位

【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

249989
8位

心電図の基礎知識、基準値(正常値)・異常値、主な異常波形

*2016年9月1日改訂 *2016年12月19日改訂 *2020年4月24日改訂 *2023年7月11日改訂 心電図の基礎知識 心電図とは  心臓には、自ら電気信...

250061
9位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
10位

人工呼吸器の看護|設定・モード・アラーム対応まとめ

みんなが苦手な人工呼吸器 多くの人が苦手という人工呼吸器。苦手といっても、仕組みがよくわからない人もいれば、換気モードがわからないという人などさまざまではないでしょうか。ここでは、人工呼...

250017