1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 循環器科
  5. 血管疾患
  6. CEAP分類

【連載】スケール・評価基準を使いこなそう!

CEAP分類

  • 公開日: 2022/8/31

CEAP分類は何を判断するもの?

 CEAP分類は、下肢静脈瘤をはじめとする慢性静脈疾患(chronic venous disorders:CVD)を評価するためのスケールです。1994年に開発されてから現在に至るまで、臨床で広く活用されています。

 CVDに対して適切な管理や治療が行われず重症化すると、炎症により皮下脂肪が硬化する脂肪皮膚硬化症や潰瘍などが生じるおそれがあります。CEAP分類は、臨床分類(Clinical sign)、病因分類(Etiologic classification)、解剖分類(Anatomical distribution)、病態生理分類(Pathophysiologic dysfunction)の4項目で構成されており、病状を客観的かつ的確に把握できるため、適切な管理や治療につなげることに役立つと考えられています。

CEAP分類はこう使う!

 前述したとおり、CEAP分類は「C:臨床分類」「E:病因分類」「A:解剖分類」「P:病態生理分類」の4項目でスケーリングを行います(表)。

 臨床分類はCVDによる症状に関する項目で、0~6の7段階に分類され、それぞれ症状の有無(S:有症状、A:無症状)も踏まえて評価します。例えば、活動性潰瘍で何らかの症状を認める場合は、C6Sとします。病因分類に関しては、一次性、二次性、先天性、原因が同定されていないものに分けられ、例えば、出生時に静脈無形性や静脈奇形などが存在する場合は、先天性としてECとします。

 解剖分類は病変部位についての項目で、表在静脈、穿通枝、深部静脈、部位が同定されていないものに分類されます。さらに詳細な部位を示す場合は、該当部位の略語(例:下大静脈の場合はIVC)を記載します。そして、病態生理分類は、逆流・閉塞の有無または併存、異常が同定できないものに分類され、該当する所見を記します。

表 CEAP分類

日本静脈学会:CEAP分類(2020年版).(2022年8月16日閲覧)https://js-phlebology.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/2020-CEAP-20201205.pdfより許可を得て転載

CEAP分類を看護に活かす!

 CVDは重症化すると難治性の潰瘍が再発しやすくなるなど、QOLに大きな影響を与えることもあり、患者さんの状態を理解したうえでケアを行うことが求められます。基本的に、CEAP分類による評価は医師により行われますが、評価を確認することで患者さんの状態を把握できるため、CVDの患者さんに対応する場合は参考にするとよいでしょう。

 また、静脈に逆流や閉塞がない場合でも、血流のうっ滞が生じることがあり、潰瘍などの皮膚病変を引き起こすことがあります。病態生理分類で「異常が同定されない」と評価されていても、経過観察を怠らないことが大切です。

参考文献

●日本静脈学会:CEAP分類(2022年8月16日閲覧)https://js-phlebology.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/2020-CEAP-20201205.pdf
●赤木大輔,他:国際指標の日本語翻訳事業1―翻訳事業総論およびCEAP分類―.静脈学 2021;32(1):69-76.(2022年8月16日閲覧)https://www.jstage.jst.go.jp/article/phlebol/32/1/32_21-1/_pdf/-char/ja
●伊藤孝明,他:創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―5:下腿潰瘍・下肢静脈瘤診療ガイドライン.日本皮膚科学会雑誌 2017;127(10):2239-59.(2022年8月16日閲覧)https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/%E4%B8%8B%E8%85%BF%E6%BD%B0%E7%98%8D%E3%83%BB%E4%B8%8B%E8%82%A2%E9%9D%99%E8%84%88%E7%98%A4%E8%A8%BA%E7%99%82%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3.pdf

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

CNS-FACEⅡ(家族アセスメント)

CNS-FACEⅡは何を判断するもの?  CNS-FACEⅡとは、救急医療や集中治療医療など、クリティカルケアを受けている患者さん家族の心理的側面を評価するためのスケールです。  クリティカルケアを受ける患者さんの家族へのケアは看護の場でも非常に重要な事項の一つですが、ケ

2022/9/22

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
4位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
5位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
6位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
7位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
8位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
9位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791
10位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636