1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. インアウトバランス
  5. 「心不全」への輸液療法|インアウトバランスから見る!

【連載】IN/OUTバランスと輸液

「心不全」への輸液療法|インアウトバランスから見る!

  • 公開日: 2015/6/17
  • 更新日: 2020/3/31

脱水や浮腫などの症候だけでなく、腎不全、心不全、糖尿病など、さまざな疾患の原因となるIN/OUTバランス(水分出納)。ここでは、IN/OUTバランスについて解説します。


▼心不全の看護について、まとめて読むならコチラ
心不全の看護|原因、種類、診断、治療


体内ではこんなことが起きている!

 心不全では、基本的に体液量は不足しているわけではなく、むしろ過剰な状態にあります。これは、心拍出量の低下によって、動脈側に送り出す血液量(有効動脈容量)が減少したことが原因です。この有効動脈容量の減少により、腎血流量が低下し、結果として身体は水が足りないと判断します。

 すると、交感神経系、レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系(RAAS)、抗利尿ホルモン(ADH)が活性化し、水とナトリウムの再吸収が促進され、体液量、特に細胞外液量が増加していきます。細胞外液量が増えてもやはり有効動脈容量は増えないため、また再吸収が促進されるという悪循環を繰り返すのです。

心不全で溜まった水分はどこへ?

 では、増えた水分はどこにいくかというと、まずは静脈内に溜まります。すると静脈圧が上昇し、水分は血漿から細胞間質に移動していきます。つまり過剰な水分は、浮腫や胸水として貯留されるのです。また、ポンプ(左心室)上流に水分が溜まることにより左房圧が上昇、左心房に続く肺静脈の圧も高まり、肺うっ血をきたすことがあります。

 さらに心不全が重症化すると、末梢まで血液が行き渡らない状態(低灌流)になります。また心不全では、低ナトリウム血症の合併もよくみられます。この場合の多くは、身体の中のナトリウムが減っているのではなく、再吸収が進むことで見かけ上の低ナトリウム血症を呈します。

 こうしたことから、心不全では

 1. 低灌流の所見:脈圧低下、交互脈、四肢冷感、傾眠、低ナトリウム血症、腎機能悪化など
 2. 肺うっ血の所見:起座呼吸、副雑音の聴取など

 のような臨床症状が現れます。

心不全には輸液でこう補正する!

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

心不全薬の使い分け

ul.section-nav{display:none;} 目次 1.急性心不全薬の使い分け (1)ニトログリセリンとカルペリチドの使い分け (2)フロセミドとトルバプタンの使い分け 2.慢性心不全薬の使い分け (1)ACE阻害薬とARBの

2019/3/30