1. トップ
  2. 看護記事
  3. 症状から探す
  4. 呼吸困難
  5. ヒュージョーンズ(Hugh-Jones)の分類

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

ヒュージョーンズ(Hugh-Jones)の分類

  • 公開日: 2017/4/26

ヒュージョーンズ(Hugh-Jones)の分類

ヒュージョーンズ(Hugh-Jones)の分類

同年齢の健康者と同様の労作ができ、歩行、階段昇降も健康者並みにできる

同年齢の健康者と同様に歩行できるが、坂道・階段は健康者並みにはできない

平地でも健康者並みに歩けないが、自分のペースなら1マイル(1.6km)以上歩ける

休み休みでなければ50m以上歩けない

会話・着替えにも息切れがする。息切れのため外出できない

(『ナース専科マガジン』2014年11月号から改変利用)

関連記事
* 【心不全の症状】労作性呼吸困難、発作性夜間呼吸困難、安静時呼吸困難
* 【呼吸困難の看護】心不全か呼吸不全なのか見極めるための6ステップ!

この記事を読んでいる人におすすめ

MRC息切れスケール

呼吸困難の重症度を評価するスケールで、間接評価法としてMRC息切れスケールがあります。 MRC息切れスケール Grade 0 息切れを感じない Grade 1 強い労作で息切れを感じる Grade 2 平地を急ぎ足、緩

2017/4/12

修正ボルグスケール(Borg scale)主観的運動強度

「修正ボルグスケール」は0から10の段階で呼吸困難の程度を表すので、簡便でわかりやすく、臨床で使いやすいスケールです。 (『ナース専科マガジン』2014年11月号から改変利用)

2017/4/20

【心不全の症状】労作性呼吸困難、発作性夜間呼吸困難、安静時呼吸困難

心不全は症状の進行に伴い、労作性呼吸困難→発作性夜間呼吸困難→安静時呼吸困難と進行していきます。 それぞれの呼吸困難について、詳しく解説します。 ▼心不全の看護について、まとめて読むならコチラ 心不全の看護|原因、種類、診断、治療 1 労作性

2015/2/11

呼吸困難感を訴える患者さんへの問診のしかた

息苦しさの原因が、心不全によるものか、呼吸不全によるものかをアセスメントするための、問診のしかたについて解説します。 発症時期と経過を問診する場合 【こんなふうに質問しよう!】 「いつから息苦しくなりましたか」 「突然or徐々に息苦しく

2014/10/12

第11回 呼吸困難の薬物療法を知って、安心・安楽をつくろう!|終末期の症状緩和④

ul.section-nav{display:none;} 目次 <呼吸困難とは>患者さんの主観的な「呼吸時の不快な感覚」 <アセスメント>1日のなかでの変化、増強因子や緩和因子を捉える <呼吸困難の治療>酸素療法や、モルヒネ、コルチコステロイドなどによる

2018/11/27

新着

WFNS分類

WFNS分類は何を判断するもの?  WFNS分類は、くも膜下出血の重症度を判定するために用いるスケールです。  このスケールでは、くも膜下出血の予後を左右する因子であるCT所見、全身性疾患の有無、年齢などは考慮せず、臨床所見のみで判定を下します。具体的には、意識レベルを示

2021/6/28