1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 薬理学・薬剤
  5. 患者さんに満月様顔貌(ムーンフェイス)が生じた!

【連載】困った!を解決してステロイドの基本がわかる!

患者さんに満月様顔貌(ムーンフェイス)が生じた!

  • 公開日: 2019/3/17
  • 更新日: 2021/1/6

解決の糸口はココ

●満月様顔貌の発現理由・時期を知っておこう
●ステロイドの減量・中止により改善することを覚えておこう
●患者さんの心情を理解しよう


満月様顔貌が生じるメカニズムを知っておきましょう

 満月様顔貌は、ステロイドの副作用の中でも、特徴的な外見上の変化の1つです。顔に脂肪がつき、丸くなることから「ムーンフェイス」と呼ばれます。頻度も高く、投与開始後比較的早い時期から出現します。

 ステロイドを投与すると、体内のコルチゾールが増えるのと同じことになり、糖新生が亢進されます。すると今度は、糖の上昇を抑えるためにインスリンの分泌が増えることになります。このインスリンの受容体は脂肪細胞に多くあり、そこにインスリンが結合することで、脂肪の合成を亢進したり、分解を抑制したりするので、身体に脂肪がつきやすくなります。特に、インスリン感受性が強い脂肪細胞が多くあるといわれる顔や腹部に、脂肪がつきやすくなるので、その部分が丸く膨らむのです。
 
 満月様顔貌のほか脂肪が異常につく症状としては、腹部に現れる「中心性肥満」や、首の後ろに生じる「野牛肩」があります。 

外見上の変化に対する患者さんの心情を理解しましょう

 満月様顔貌は、重篤化して生命の危機にかかわるというものではありません。しかし、外見の変化は、患者さん、特に女性にとっては、非常につらいものです。人と会うことを避けたり、ステロイドの継続使用を拒絶したり、自己判断でステロイドの使用をやめてしまう大きな要因となっています。外見上の変化には、ほかに、皮膚が薄くなることでひび割れのようなスジができる皮膚線条、皮下出血などがあります(図)。
 
ステロイドによる外見上の変化
 
 こうした副作用は、残念ながらステロイドを使用している期間は避けることのできないもので、医療的な対処もできません。うつ状態の一因となる症状でもあるだけに、患者さんの心のケアという看護的な対応が求められる副作用といえます。
 
 満月様顔貌への苦悩を訴える患者さんに対しては、まずは、症状が起こる原因、そして、原疾患の症状が治まり、ステロイドの投与を減量したり、終了すれば、症状は改善・消失することを説明しましょう。投与量が15mg/日以下になると少しずつ改善してくるので、これを1つの目安として伝えてもよいでしょう。また、副作用の出現は、薬剤の効果の裏返しであることも伝えてみます。使用を勝手にやめてしまうと、原疾患の症状悪化だけでなく、ステロイド離脱症候群を発症することにもなってしまうので、それを丁寧に説明し、患者さんの理解を促していくことが重要になります。
 
 さらに、食べ過ぎるとステロイドの影響以上に余計に脂肪がついてしまうので、カロリーコントロールをしたり、適度な運動をするなど、症状の悪化を招かないために、日常生活のなかでできることも伝えていきます。「このままムーンフェイスが治らないのでは」という患者さんの不安を軽減できるような言葉かけを心がけていきましょう。

参考文献

● 川合眞一,編:研修医のためのステロイドの使い方のコツ.文光堂,2009.


この記事はナース専科2017年12月号より転載しています。
イラスト/ふるやますみ

この記事を読んでいる人におすすめ

ステロイド外用剤の副作用についてうまく説明できない!

ul.section-nav{display:none;} 目次 解決の糸口はココ ステロイド外用剤の背景と適応を説明しましょう 副作用が出やすい部位があることを伝えましょう 免疫抑制薬との併用など治療の幅は広がっています 参考文献

2019/3/10

ステロイドの副作用が出た! どうしたらいいのかわからない!

ul.section-nav{display:none;} 目次 解決の糸口はココ 副作用は投与量が多くなるにしたがって強く出るようになります 「副作用の特徴的症状=クッシング症候群」と覚えましょう 参考文献 解決の糸口はコ

2019/3/3

ステロイドがどうしていろいろな疾患で用いられているのかわからない!

臨床で幅広く使用される「ステロイド」ですが、その働きや副作用などについてきちんと理解できていますか? 「重症時に使用される強い薬剤」といったイメージのもと、医師の指示のまま何となく使用してはいませんか? 今回は、ステロイドについての困りごとを解決しながら、その基本を確認し

2019/2/24

第40回 ステロイドはどこに作用する?

今回はステロイドについて解説します。 ステロイドは遺伝子の発現レベルで影響与える  では、強力な抗炎症作用を有する副腎皮質ホルモンとして知られる、糖質コルチコイド(いわゆるステロイド)は、炎症プロセスのどこに作用するのでしょうか? その機序はNSAID

2016/4/6

高齢者、小児、妊婦のステロイド使用時の注意点がわからない!

ul.section-nav{display:none;} 目次 解決の糸口はココ 高齢者は「骨粗鬆症」「感染症」に注意しましょう 小児は「成長障害」や外見にかかわる副作用に注意が必要です 妊婦は基礎疾患をコントロールしながら副作用に注意しましょ

2019/4/7

新着

国民皆保険の持続性とバイオシミラー ~バイオシミラーの基礎から普及への課題まで~

11月15日に東京大手町のKDDIホールにて、ファイザー株式会社によるバイオシミラーに関する記者説明会が開催されました。バイオシミラー(以下、BS)とは、バイオ医薬品(先行バイオ医薬品)の後続品で、近年注目され、政府もBSの開発・使用の推進を掲げています。記者説明会では、

2019/5/30