1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 消化器科
  5. 消化器科の看護技術(その他)
  6. 腹部のアセスメント~打診・触診・聴診・視診のポイント

【連載】消化器科で必要な看護技術を学ぼう!

腹部のアセスメント~打診・触診・聴診・視診のポイント

  • 公開日: 2021/5/14

腹部のアセスメントとは

 腹部のアセスメントは、その部位に何の臓器があるかを考えながら行いましょう。また、1つのことで判断するのではなく、総合的に結果をみて判断します。


 訪室した際に患者さんに困っていることはないかを聞き、何らかの訴えがあった場合は、その症状に沿ったアセスメントをしていきます。触診や打診は患部に近い部位で行うと、疼痛を伴うことがあるため、適宜声かけをしながら行います。


 手術後の患者さんでは、合併症の有無についても確認しましょう。観察時は、創部やドレーン類の固定の剥がれがないかも確認します。


腹部アセスメントの流れ

①患者さんへ説明し、同意を得る
患者さんへ説明し、アセスメントを行うことへの同意を得ます。


②環境整備を行う
カーテンを閉め、タオルをかけ露出部を最小限にするなど、プライバシーを確保してから行うようにしましょう。
露出による寒さを感じないよう、室温の調整を行います。


②腹部を露出する
患者さんにベッド上に横になってもらい、腹部を露出します。基本的には仰臥位で行います。仰臥位になり膝を屈曲させることで腹部の緊張を解きます。


④アセスメントを行う
患者さんへの侵襲が少ない順であるという理由から、視診→聴診→触診→打診の順に行います。打診はすべての患者さんに行うわけではなく、必要時に行います。


腹部アセスメントのポイント

視診

 視診では、以下の観察を行います。

  • 外形変化(全体または局所の腹部膨隆)
  • 皮膚の変化(色素沈着、手術瘢痕、発疹の有無)
  • 腹壁静脈の拡張
  • 腹部の拍動
  • 術後の患者さんの創部やドレーン刺入部の感染徴候

  •  腹壁のヘルニアのある患者さんの場合は、まずは立位で観察し、その後、仰臥位を取ってもらいます。


     手術後の患者さんの場合では、手術創に発赤、腫脹、疼痛、滲出液といった感染徴候がないかを確認します。また、ドレッシング材やドレーンの固定による皮疹や水泡などの皮膚トラブルについても見逃さないよう注意深く観察し、これらがみられた場合は皮膚保護剤を使用するなどのケアを行います。


    聴診

     聴診は、腸蠕動音の聴取が主な目的のため、腸の走行に沿って聴いていきます。具体的には、小腸にあたる真ん中と大腸の走行に沿って聴きます。


     聴診する際は、聴診器の膜面を皮膚に密着させて聴診します。


     腸蠕動音については、異常かどうかの判断ができるようになりましょう。腸蠕動音が全くない、亢進している、どちらの状態も腸閉塞または麻痺性イレウスの可能性がありますが、「亢進している=異常」というわけではありません。聴診内容に加え、患者さんの自覚症状や腹部の張り感、排ガスの有無などから判断します。


     金属音はイレウスの徴候であり、聴取される状態は明らかに異常です。もし聞こえた場合は、すぐに医師に報告しましょう。


     そのほか、腹部動脈の血管雑音(大動脈瘤、腎動脈、内腸骨動脈の狭窄の有無)が聴取されることもあります。


    触診

     触診では、主に以下の点について確認します。

  • 圧痛
  • 筋性防御
  • 反跳痛
  • 張り感の有無

  •  アセスメント前に患者さんから腹痛の訴えがあった場合は、触診する前にあらかじめ「痛みが出る」ということを伝えてから行います。腹痛の訴えがある場合には、反跳痛と筋性防御の有無は必ず確認するようにしましょう。これらがみられた場合は、腹膜炎があると考えられるため、すぐに医師に伝えます。


     右季肋部や心窩部に痛みがある場合は、胆嚢炎や胆管炎の可能性があります。


     腹部が張っている場合は全体を触って緊満の有無を確認するようにしましょう。自覚症状など、そのほかの症状も合わせて緊急性の判断をします。


     発声ができない、我慢強い、認知症の患者さんなどは痛みを訴えられないこともあるため、触診を行うときは患者さんの言葉だけでなく、眉間にシワがよっていないかというような表情の確認も大切です。


    図 腹部の9区分
    腹部の9区分


    知っておきたいポイント!

    圧痛とは
    圧痛は「腹壁を圧迫したときに生じる痛み」です。抵抗や腫瘤に触れた場合はまず圧痛の有無を確認しましょう。


    反跳痛とは
    反跳痛は「ゆっくり深く圧迫して急に圧迫を解除すると、局所に痛みが増強すること」をいいます。反跳痛があるということは、腹腔内臓器の炎症が腹壁腹膜に波及していることを意味しています。


    筋性防御とは
    筋性防御は「痛みのある部分の筋肉が硬くなる反射」で、腹膜内の炎症が腹壁腹膜に波及すると、肋間神経、腰神経を介して罹患部位に相応した腹壁筋肉の反射性緊張亢進が起こり、診察者の手に抵抗として触れます。反跳痛と同様に腹膜に炎症があるときにみられるため、これらの異常を認める場合は、すぐに医師に報告しましょう。


    打診

     打診では、以下のことを確認します。打診は主に腸にガスが溜まっていると考えられる際に行われます。

  • 鼓脹の有無
  • 膨満、緊満があるときの内容物の判断

  •  鼓脹を確認することで、腸にガスが溜まっているかどうかがわかります。打診は腸閉塞が疑われる患者さんなどに対して行いますが、腹痛を訴える患者さんの症状を判別するために行うこともあります。


     鼓脹を認める場合、臍部より上で鼓音があると、小腸狭窄・閉塞があることがわかります。また、腹部全体にわたる鼓音と腹部膨満感は麻痺性イレウスの徴候です。


     腹水の場合は、仰臥位だと側腹部で濁音、中央で鼓音を聴取することができます。


     このように、腹部に膨満や緊満があるときは、内容物が液体なのか気体なのかを判断することができます。


     打診の結果だけでなく、排ガスがない、吐き気がするなどの症状があるかどうかも確認し、合わせて判断します。



    イラスト/ふるやますみ

    この記事を読んでいる人におすすめ

    カテゴリの新着記事

    アセスメントと看護

    アセスメントとは  英語のassessmentは、評価という意味になりますが、臨床で看護師が行うアセスメントとは情報を収集し、整理・吟味し、判断する過程のことをいいます。情報の収集では問診で、既往歴、家族歴、服用している薬剤などといった情報とともに、息苦しい、胸が痛い、だる

    2022/3/31

    アクセスランキング

    1位

    簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

    皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

    251296
    2位

    術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

    患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

    249741
    3位

    サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

    *2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

    249818
    4位

    看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

    ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

    249544
    5位

    心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

    心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

    250751
    6位

    吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

    *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは  気管吸引ガイドライ...

    250001
    7位

    【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

    血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

    249974
    8位

    【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

    ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

    249989
    9位

    採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくな

    多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。 【関連記事】 * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 血管が見えない患者...

    250750
    10位

    心不全の看護|原因、種類、診断、治療

    *2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

    249812