1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 疼痛ケア・疼痛管理
  5. 高齢者への鎮痛薬の使用の注意点

【連載】術後疼痛管理のQ&A! 皆さんの疑問にお答えします!

高齢者への鎮痛薬の使用の注意点

  • 公開日: 2022/7/1

Q 高齢者の場合、鎮痛剤を使用して不穏になったり、使用しても効果がなく不穏になったり、基礎疾患のある場合には副作用も考慮しなければならないと思います。高齢者への鎮痛剤の使用で特に気をつけたほうがよいことはありますか。

A オピオイド鎮痛薬では、特に鎮静作用による上気道閉塞や呼吸抑制が起きやすいことに注意が必要です。

 高齢者では鎮痛薬の副作用には注意を要するものが少なくありません。麻薬性オピオイド鎮痛薬(フェンタニルやモルヒネ、ペチジンなど)や非麻薬性オピオイド鎮痛薬(ペンタゾシン、ブプレノルフィン、トラマドールなど)は強力な鎮痛効果の反面、呼吸抑制、鎮静・傾眠、嘔気嘔吐などの副作用が強く現れることがあります。鎮静作用では上気道開大筋が緩み舌根沈下や気道閉塞が起きやすく、元々組織が脆弱で張りがないため若年成人に比べると特に注意が必要です。呼吸数低下を特徴とする呼吸抑制や、嚥下機能低下に加え嘔気嘔吐による誤嚥も気になる監視ポイントです。

 またオピオイド鎮痛薬を抗うつ薬や抗パーキンソン病薬の服用中の患者さんに投与した際、セロトニン症候群(不穏や興奮、発熱、発汗、下痢、振戦など)発症の可能性があることも覚えておきましょう。

 NSAIDsでは腎機能低下、喘息、消化性潰瘍の既往では注意が必要ですが、アセトアミノフェンは比較的に安全に使用できます。アセトアミノフェンでは規定量以上の大量使用にならなければ肝機能障害のリスクは低いです。副作用の観点から、鎮静や呼吸への影響のないアセトアミノフェンから開始しNSAIDsへ、痛みの強さに合わせてオピオイド鎮痛薬の順に使用を検討します。

 不穏やせん妄は特に高齢者で好発しますが、最近では術後せん妄予防には、入院時より非薬理学的な多職種による介入を行うことが強く薦められています。早期離床、適切な栄養と体液量の維持、服用薬の評価(リスク薬剤の確認と調整)、適切な疼痛コントロール(オピオイドの必要量の低減も目指す)、睡眠リズム適正化、聴覚と視覚サポート(補聴器や眼鏡など)、身体抑制の最小化、見当識(時刻や場所など)を意識したコミュニケーション、定期的なスクリーニング評価、適切な手術麻酔プロトコール(せん妄予防の投薬はしない、リスク薬剤の使用低減、脱水予防、脳波を参考に全身麻酔は深くしすぎない等)が具体的な項目に挙げられます1)。ちなみに術後使用する鎮痛薬ではメペリジン(ペチジン)やモルヒネは術後せん妄の誘因にもなります。

引用文献
1)CG Hughes, CS Boncyk, DJ Culley, et al. American Society for Enhanced Recovery and Perioperative Quality Initiative Joint Consensus Statement on Postoperative Delirium Prevention. Anesth Analg. 2020;130(6):1572-90.


この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

老年看護|高齢者の特徴、アセスメントとケア、看護計画

老年看護とは  老年看護とは、高齢者とその家族がこれまでの人生で培ってきた経験や考え方、人とのつながりを尊重し、その人らしく生活するための手段や方法を共に考え支援するものです。  加齢や身体機能の低下に伴いできることが限られたり、大切な存在との別離を経験したりしますが、「

2022/8/10

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
4位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
5位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
6位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001
7位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
8位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
9位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
10位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501