1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. 改訂Raiの病期分類

【連載】スケール・評価基準を使いこなそう!

改訂Raiの病期分類

  • 公開日: 2024/3/3

改訂Raiの病期分類は何を判断するもの?

 改訂Raiの病期分類とは、慢性リンパ性白血病の病期を分類するためのスケールです。慢性リンパ性白血病の病期分類は、改訂Raiの病期分類のほかにBinetの病期分類があり、主にアメリカでは改訂Raiの病期分類、ヨーロッパではBinetの病期分類が用いられています。

 慢性リンパ性白血病は血液がんの一種で、がん化したBリンパ球が異常増殖する疾患です。一般に50歳以降の中高年に多いとされますが、日本では稀にしかみられません。緩徐な経過をたどり、発症初期はほとんど症状を認めないことから、健康診断で白血球数が多いことを指摘され、偶然発覚するケースも多くあります。

 慢性リンパ性白血病の治療は化学療法が中心となりますが、進行の程度や症状によっては積極的な治療は行わず、経過観察が選択されます。治療関連の死亡を防ぐためにも、改訂Raiの病期分類で病期の評価を行い、治療開始時期や治療方法を慎重に検討することが求められます。

改訂Raiの病期分類はこう使う!

 改訂Raiの病期分類では、診察所見と血液検査の結果から、慢性リンパ性白血病の病期を低リスク・中リスク・高リスクの3段階に分類します(表)。病期ごとの平均生存期間は、低リスクで10年以上、中リスクで8年以上、高リスクで6.5年とされています1)

 改訂Raiの病期分類において、活動性病変がないと判断される低リスクや中リスクに該当する患者さんについては、治療を行っても全生存期間は延長しないとされているため、積極的な治療は行いません2)

表 改訂Raiの病期分類

改訂Rai分類Rai分類病期分類規準
低リスク0末梢血モノクローナルBリンパ球>5,000/μL+骨髄リンパ球>40%
中リスク病期0+リンパ節腫脹
病期0~Ⅰ+肝腫,脾腫(どちらかまたは両方)
高リスク病期0~Ⅱ+貧血(Hb<11g/dLまたはHt<33%)
病期0~Ⅲ+血小板<10万/μL
National Comprehensive Cancer Network:NCCN Clinical Practice Guidelines in Oncology. Chronic Lymphocytic Leukemia/Small Lymphocytic Lymphoma. Version 2. 2020.より引用

改訂Raiの病期分類の結果を看護に活かす!

 慢性リンパ性白血病の患者さんの看護に当たるときは、改訂Raiの病期分類による評価を通して、患者さんの状態や予後などを把握できるとよいでしょう。

 低リスクや中リスクに該当する患者さんは、基本的に治療の必要はありませんが、患者さんから気になる訴えがあった場合や状態の変化が認められる場合は、病期が進み、治療を検討しなければならない可能性もあるため、速やかに医師に報告します。高リスクに該当する患者さんには化学療法を中心とした治療が行われますが、毒性が強いケースもあるため状態観察に努めます。

 前述したように、慢性リンパ性白血病の多くは緩徐な経過をたどりますが、一部に進行が速く、予後不良なものもあります。予後不良と診断された患者さんに対しては、精神的なフォローを心がけることも必要です。

引用・参考文献

1)Eichhorst B, et al:Chronic lymphocytic leukaemia:ESMO Clinical Practice Guidelines for diagnosis,treatment and follow-up.Ann Oncol 2015 ; 26(5): 78-84.
2)日本血液学会:白血病.造血器腫瘍診療ガイドライン2018年版補訂版.(2024年2月8日閲覧). http://www.jshem.or.jp/gui-hemali/1_5.html
●鈴宮淳司:慢性リンパ性白血病の診断と治療.日本内科学会雑誌2013;102(7):1720-7.

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

国際的天疱瘡重症度基準(Pemphigus Disease Area Index:PDAI)

PDAIは何を判断するもの?  国際的天疱瘡重症度基準(Pemphigus Disease Area Index:PDAI)とは、天疱瘡の重症度を評価するためのスケールです。  天疱瘡は、表皮細胞同士の接着を助けるデスモグレインと呼ばれるタンパク質に対する自己抗体が形成さ

2024/4/15

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
3位

人工呼吸器の看護|設定・モード・アラーム対応まとめ

みんなが苦手な人工呼吸器 多くの人が苦手という人工呼吸器。苦手といっても、仕組みがよくわからない人もいれば、換気モードがわからないという人などさまざまではないでしょうか。ここでは、人工呼...

250017
4位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年12月8日改訂 *2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開...

250001
5位

採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等

採血とは  採血には、シリンジで血液を採取した後に分注する方法と、針を刺した状態で真空採血管を使用する方法の2種類があります。 採血の準備と手順(シリンジ・真空採血管) 採血時に準備...

250858
6位

SIRS(全身性炎症反応症候群)とは?基準は?

*この記事は2016年7月4日に更新しました。 SIRS(全身性炎症反応症候群)について解説します。 SIRS(全身性炎症反応症候群)とは? SIRS(全身性炎症反応...

250839
7位

心電図の基礎知識、基準値(正常値)・異常値、主な異常波形

*2016年9月1日改訂 *2016年12月19日改訂 *2020年4月24日改訂 *2023年7月11日改訂 心電図の基礎知識 心電図とは  心臓には、自ら電気信...

250061
8位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
9位

第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用

【関連記事】 *硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】 *術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア *第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方...

295949
10位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636