1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 呼吸器科
  5. 呼吸器疾患
  6. その他呼吸器疾患
  7. 低酸素血症の4つの原因と症状

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

低酸素血症の4つの原因と症状

  • 公開日: 2014/11/5

低酸素血症の4つ原因と症状について解説します。

*2016年9月30日修正


低酸素血症とは

低酸素血症とは、動脈血中の酸素が不足した状態です。
呼吸不全の病態は主に低酸素血症高二酸化炭素血症があります。I型呼吸不全は、高二酸化炭素血症を伴わない低酸素血症、II型呼吸不全は高二酸化炭素血症を伴う低酸素血症といえます。
低酸素血症が重症化すると、多くの場合は高二酸化炭素血症を伴います。

急性の低酸素血症では、頻呼吸やチアノーゼなどの症状が見られますが、慢性の低酸素血症では、臨床症状に乏しく、労作時の呼吸困難、チアノーゼ、ばち状指などがみられることがあります。


【関連記事】
■呼吸不全とは? 定義と2つの分類
■【換気障害】3つの分類(閉塞性、拘束性、混合性)
■CO2ナルコーシスとは? 原因について知ろう!
■【酸素化の評価】PaO2が低い・高いときのアセスメントとケア


発症の原因

発症の原因には大きく分けて、4つあります。

原因1 肺胞低換気

肺胞内で出入りする空気が極端に減少し、体内の酸素量が少なく、二酸化炭素が多くなっている状態で、高二酸化炭素血症を伴います。

痰の貯留による無気肺や気管支喘息などで気管支が狭窄している場合に起こります。

原因2 換気/血流不均衡

換気量の減少した肺胞は、毛細血管を流れている血液を十分に酸素化することができません。

こうした肺胞が多数存在しているために、低酸素の状態を引き起こすことを換気/血流比不均衡といいます。

臨床で最も多く見られる低酸素血症の原因で、喘息発作、肺炎、肺水腫、慢性閉塞性肺疾患、気管支拡張症などでみられます。

また、痰の貯留や肺塞栓症でも起こります。

原因3 肺内シャント

シャントとは、血液が本来通るべき血管とは異なる経路を流れる状態のことです。

肺におけるシャントとは、肺胞内のガスと肺胞毛細血管を流れる静脈血が接触せず、ガス交換をしないまま心臓に還流している状態をいいます。

心疾患や肺動静脈奇形などの解剖学的異常、肺胞が換気を全く行うことが出来なくなった場合に起こります。

臨床では、痰の貯留による無気肺でよく見られます。

原因4 拡散障害

肺胞毛細血管膜が厚くなったり、間質に水分が貯留したりすることで、肺胞内の酸素・二酸化炭素が通過できず、ガス交換が出来なくなった状態です。

主に間質性肺炎や肺水腫で見られます。

また、肺気腫など肺胞が大きくなることで血液と酸素・二酸化炭素の接触面積(ガス拡散面積)が減少した場合でも起こります。

低酸素血症の症状

頻呼吸、頻脈、不整脈、チアノーゼ、不穏・興奮、見当識障害などがあり、さらに低酸素状態が進むと、昏睡やショック状態となります。

慢性の低酸素血症では、臨床症状は乏しく、労作性呼吸困難、ばち状指などがみられることがあります。

低酸素血症でみられる症状

高二酸化炭素血症とは

二酸化炭素が体外に十分に排出されない、つまり換気不全の状態となります。多くは低酸素血症を伴います。

発症の原因

おもな原因は、肺胞低換気です。高二酸化炭素血症は、血中のpHを低下させるため、血液が酸性に傾く呼吸性アシドーシスとなります。このアシドーシスの状態は多くの場合、生体の代償機構によって、時間が経過するに伴い改善していきます。そのため、慢性の高二酸化炭素血症の場合、通常のPaCO2が常に60~90と高い数値を示しているものの、アシドーシスの程度は軽度となります。

しかし、急激に二酸化炭素が蓄積されると、代償性変化が追い付かず、重度の呼吸性アシドーシスとなります。この場合、意識障害や昏睡などの精神神経症状(CO2ナルコーシス)が現れます。CO2ナルコーシスは、特に高二酸化炭素血症の患者さんに高濃度の酸素投与をしたときに出現しやすいとされています

症状

慢性の場合は症状に乏しいことがほとんどです。急性の高二酸化炭素血症の場合は、二酸化炭素が蓄積されることにより、頭痛や乳頭浮腫、振戦(羽ばたき振戦)、錯乱などの症状や、意識障害や昏睡などの精神神経症状(CO2ナルコーシス)が現れます。

急性の高二酸化炭素血症の症状

高酸素血症と低二酸化炭素血症

血液ガスの異常を呈する病型には、低酸素血症と高二酸化炭素血症のほかに、高酸素血症と低二酸化炭素血症があります。高酸素血症は、長期間の高濃度酸素投与により、炎症細胞を介して気管や肺胞に影響します。その結果、無気肺や肺を膨らみにくくして、リモデリングといって正常な肺の機能が営めなくなります。

低二酸化炭素血症は、過換気によって生じます。代表的な疾患に、精神的な不安・緊張などの心理的要因から過呼吸になる過換気症候群があります。

(『ナース専科マガジン』2014年11月号から改変利用)


【関連記事】
■呼吸不全とは? 定義と2つの分類
■【換気障害】3つの分類(閉塞性、拘束性、混合性)
■CO2ナルコーシスとは? 原因について知ろう!
■【酸素化の評価】PaO2が低い・高いときのアセスメントとケア


この記事を読んでいる人におすすめ

新着

溶連菌の感染症が増加中! 感染症治療に欠かせない抗菌薬の使用方法にも注意!

今年は特に溶連菌の感染者が増加しています。2〜3月の溶連菌感染症患者数は、ここ10年で3番目に多いとされています*1、2。溶連菌とはどんな感染症を引き起こすのか、またその治療について知っておきましょう。 主な感染症は咽頭炎  溶連菌と一般的にいわれる病

2019/6/19