1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. STAS-J(STAS日本語版)

【連載】スケール・評価基準を使いこなそう!

STAS-J(STAS日本語版)

  • 公開日: 2022/4/15

STAS-Jは何を判断するもの?

 Support Team Assessment Schedule (STAS)は、ホスピス・緩和ケアの成果とケアの質を客観的に評価するために、1990年代初めにイギリスで開発されたスケールです。STAS-Jはその日本語版として、臨床で活用されています。

 STAS-Jによる評価は、普段、患者さんのケアにあたるスタッフが行うため、患者さんへの負担も抑えられ、全身状態に関係なく評価することができます。

 また、緩和ケアにおいては患者さんだけでなく、家族の苦痛の緩和も含めたケアが必要となります。STAS-Jでは、家族の不安や病状認識を評価するための項目が含まれている点も特徴といえます。

STAS-Jはこう使う!

 STAS-Jによる評価は、評価シートをもとに行います。評価シートの見本とスコアリングマニュアルは、ウェブ上でも公開されています。STAS-Jによる評価を行う際は活用するとよいでしょう。

◆STAS-J 評価シート見本
http://plaza.umin.ac.jp/stas/stas-j.pdf
◆STAS-J スコアリングマニュアル
http://plaza.umin.ac.jp/stas/stas_manualv3.pdf

 STAS-Jでは、次の9項目について、普段ケアを提供しているスタッフが評価します。

【評価項目】
・痛みのコントロール:痛みが患者に及ぼす影響
・症状が患者に及ぼす影響:痛み以外の症状が患者に及ぼす影響
・患者の不安:不安が患者に及ぼす影響
・家族の不安:不安が家族に及ぼす影響
・患者の病状認識:患者自身の予後に対する理解
・家族の病状認識:家族の予後に対する理解
・患者と家族とのコミュニケーション:患者と家族とのコミュニケーションの深さと率直さ
・職職間のコミュニケーション:患者と家族の困難な問題についての、スタッフ間での情報交換の早さ、正確さ、充実度
・患者・家族に対する医療スタッフのコミュニケーション:患者や家族が求めたときに医療スタッフが提供する情報の充実度

 項目はそれぞれ0~4の5段階に分けられており、段階ごとに記された説明と患者さん(または家族)の状態を照らし合わせて評価します。

 例えば、痛みのコントロールに関する段階ごとの説明では、「0=なし」「1=時折の、または断続的な単一の痛みで、患者が今以上の治療を必要としない痛みである」「2=中程度の痛み。時に調子の悪い日もある。痛みのため、病状からみると可能なはずの日常生活動作に支障をきたす」「3=しばしばひどい痛みがある。痛みによって日常生活動作や物事への集中力に著しく支障をきたす」「4=持続的な耐えられない激しい痛み。他のことを考えることができない」となっており1)、スコアが高くなるほど症状が重い(問題が大きい)ことを表します。

 患者さんの状態や状況により評価が難しい項目については、その理由に応じて、7、8、9のいずれかの数字を評価シートに記入します。

7:情報が少ないため評価できない場合(例えば、入院直後や家族はいるが面会に来ないなど)
8:家族がいないため、家族に関する項目を評価できない場合
9:認知の低下や深い鎮静のため評価出来ない場合

STAS-Jを看護に活かす!

 前述したとおり、STAS-Jは患者さんが自己記入するものではなく、ケアを提供しているスタッフが評価・記入します。同じスタッフが継続して評価することが好ましく、入院のタイミングで評価を行った後は、週1~2回程度の割合で評価していきます。

 いずれの項目もスコアが低いほうが望ましいですが、状態が悪化するにつれ、スコアが高くなる場合もあります。そのため、スコアが「0」になることを目指すのでなく、継続的かつ客観的に患者さんや家族の状態をアセスメントし、適切な看護介入につなげるために役立てることが大切です。また、緩和ケアチームや病棟で複数の患者さんをまとめて評価することで、ケアの効果を確認したり、振り返りを行うのもよいでしょう。

引用・参考文献

1)STASワーキング・グループ編:STAS-J(STAS日本語版)スコアリングマニュアル 緩和ケアにおけるクリニカル・オーディットのために 第3版,p.29.(2022年3月28日閲覧) http://plaza.umin.ac.jp/stas/stas_manualv3.pdf
●宮城千秋,他:緩和ケア病棟における緩和ケアの質評価ツールSTAS-J導入 に対するコア看護師の認識.沖縄県立看護大学紀要 2011;12:65-72.

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

Malnutrition Screening Tool(MST)|栄養評価スケール

MSTは何を判断するもの?  Malnutrition Screening Tool(MST)は、栄養状態を評価するためのスケールです。  栄養状態を評価するためのスケールは多くありますが、MSTは、体重減少と食事摂取量に関する2つの項目から簡易的にスケーリングを行える点

2022/8/7

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
4位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
5位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
6位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001
7位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
8位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
9位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
10位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501