1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 循環器科
  5. CHADS2スコア、CHA2DS2-VAScスコア

【連載】スケール・評価基準を使いこなそう!

CHADS2スコア、CHA2DS2-VAScスコア

  • 公開日: 2022/4/27

CHADS2スコア、CHA2DS2-VAScスコアは何を判断するもの?

 CHADS2スコアおよびCHA2DS2-VAScスコアは、非弁膜症性心房細動の患者さんにおける脳梗塞発症のリスクを評価するためのスケールです。

 CHADS2スコアは、脳梗塞の発症にかかわる危険因子〔うっ血性心不全(Congestive heart failure)、高血圧(Hypertension)、年齢(Age:≧75歳)、糖尿病(Diabetes mellitus)、脳卒中または一過性脳虚血発作(Stroke/TIA)〕の頭文字をとったもので、これらをもとに脳梗塞発症リスクを評価し、抗凝固療法の適応を判断します。

 CHA2DS2-VAScスコアは、CHADS2スコアに血管疾患(Vascular disease)、年齢(Age:65~74歳)、女性(Sex category)の3つの因子を加えたものです。年齢については、65~74歳も有意な因子であったため1)、2)、CHADS2スコアにある75歳以上とは別に、新たに追加されました。

 ただし、日本人において、この3つの因子は有意な危険因子ではないこと3)、CHADS2スコアより優れたリスクスコアが創出されていないといったことから、『不整脈薬物治療ガイドライン』では、CHADS2スコアを基本とすることが適切としています4)

CHADS2スコア、CHA2DS2-VAScスコアはこう使う!

 非弁膜症性心房細動の患者さんにおける脳梗塞発症リスクについて、CHADS2スコアでは5つの評価項目(表1)、CHA2DS2-VAScスコアでは8つの評価項目(表2)を用いて評価を行い、抗凝固療法の適応を検討します。

 例えば、CHADS2スコアが1点以上の場合、抗凝固療法としてDOAC(直接阻害型経口抗凝固薬)が「推奨」、ワルファリンが「考慮可」とされています5)

表1  CHADS2スコア

危険因子スコア
CCongestiveheart failure
うっ血性心不全
1
HHypertension
高血圧
1
AAge≧75yrs
年齢(75歳以上)
1
DDiabetesmellitus
糖尿病
1
S2
Stroke/TIA
脳卒中/一過性脳虚血発作
2
Gage BF,et al: Validation of clinical classification schemes for predicting stroke: results from the National Registry of Atrial Fibrillation. JAMA 285:2864-2870, 2001.をもとに作成

表2 CHA2DS2-VAScスコア

危険因子スコア
CCongestiveheart failure
うっ血性心不全
1
HHypertension
高血圧
1
AAge≧75yrs
年齢(75歳以上)
1
DDiabetesmellitus
糖尿病
1
S2
Stroke/TIA
脳卒中/一過性脳虚血発作
2
VVascular disease(prior myocardial infarction、
peripheral artery disease、
or aortic plaque)
血管疾患(心筋梗塞の既往、末梢動脈疾患、大動脈プラーク)
1
AAge65-74yrs
年齢(65~74歳)
1
ScSexcategory(ie female gender)
性別(女性)
1
Lip GY,et al:Refining clinical risk stratification for predicting stroke and thromboembolism in atrial fibrillation using a novel risk factor-based approach:the euro heart survey on atrial fibrillation.Chest 2010;137:266.より引用

CHADS2スコア、CHA2DS2-VAScスコアを看護に活かす!

 心房細動の患者さんで、CHADS2スコアあるいはCHA2DS2-VAScスコアが1点以上の場合、脳梗塞を発症するリスクが高くなります。危険因子について説明することで患者さんの理解を促し、予防のための教育に取り組むことが大切です。

 抗凝固療法を行っているかどうか確認することも重要です。抗凝固療法を行っている場合には、継続的に服薬できるよう支援したり、患者さんの自己判断で服薬を中断したりしないよう指導します。

 また、抗凝固療法では出血傾向を来たすおそれがあるため、転倒や外傷などに十分注意するとともに、観血的な処置を行う場合には、抗凝固療法を中断する必要があるかどうか事前に確認し、患者さんに説明できるようにしておきましょう。

引用・参考文献

1)Friberg L,et al:Evaluation of risk stratification schemes for ischaemic stroke and bleeding in 182 678 patients with atrial fibrillation: the Swedish Atrial Fibrillation cohort study. Eur Heart J 2012;33(12):1500–10.
2)Atrial Fibrillation Investigators. Risk factors for stroke and efficacy of antithrombotic therapy in atrial fibrillation. Analysis of pooled data from five randomized controlled trials. Arch Intern Med 1994;154(13):1449–57.
3)Suzuki S,et al. Incidence of ischemic stroke in Japanese patients with atrial fibrillation not receiving anticoagulation therapy–pooled analysis of the Shinken Database,J-RHYTHM Registry,and Fushimi AF Registry.Circ J 2015;79(2): 432-8.
4)日本循環器学会,他:2020年改訂版 不整脈薬物治療ガイドライン,2020,p.45(2022年3月28日閲覧) http://www.j-circ.or.jp/cms/wp-content/uploads/2020/01/JCS2020_Ono.pdf
5)日本循環器学会,他:2020年改訂版 不整脈薬物治療ガイドライン,2020,p.49(2022年3月28日閲覧)http://www.j-circ.or.jp/cms/wp-content/uploads/2020/01/JCS2020_Ono.pdf

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

Malnutrition Universal Screening Tool(MUST)

MUSTは何を判断するもの?  Malnutrition Universal Screening Tool(MUST)とは、BMI、体重減少、急性疾患かつ栄養摂取不足の3項目から栄養状態をスクリーニングするスケールです。英国静脈経腸栄養学会が成人を対象に作成したスケールで、在宅

2022/11/20

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
7位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
8位

セルフケア不足の看護計画|高齢による認知機能低下がみられ

高齢による認知機能低下に関連したセルフケア不足  認知症と診断されていなくても認知機能の低下を認めることがあり、その度合いによって日常生活に支障をきたすことがあります。なんらかの疾患により入院し...

313002
9位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
10位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675