1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 脳神経外科
  5. Fisher分類

【連載】スケール・評価基準を使いこなそう!

Fisher分類

  • 公開日: 2024/1/30

Fisher分類は何を判断するもの?

 Fisher分類とは、くも膜下出血の程度から、脳血管攣縮の発生リスクを予測するためのスケールです。

 脳は、頭蓋骨や髄膜(硬膜・くも膜・軟膜)で覆われ、厳重に保護されています。髄膜のうち、くも膜と軟膜の間のスペースをくも膜下腔といい、くも膜下腔に出血が起こった状態を「くも膜下出血」といいます。くも膜下出血の多くは、脳動脈瘤が破裂することで起こり、突然の激しい頭痛や意識障害を来します。脳卒中のなかでも死亡率が高く、合併症(再出血、脳血管攣縮、水頭症)が起こったり、救命できたとしても重篤な後遺症が残ったりするケースも少なくありません。

 より効果的で適切な治療につなげ、予後を良好に維持するためにも、Fisher分類を用いてくも膜下出血の程度を客観的に評価し、合併症のリスクを把握しておくことは重要です。ただし、Fisher分類によるスケーリングは、くも膜下出血の重篤な合併症の一つである脳血管攣縮のリスクを予測するのに役立つとされる一方で、単純にGroupが高いほど、くも膜下出血の重症度も高くなるとは限らない点に注意が必要です。

Fisher分類はこう使う!

 Fisher分類では、単純CT画像で出血の拡散の程度、脳内出血や脳室内出血の有無を確認し、くも膜下出血の程度を4つのGroupに分類します(表)。前述したように、Groupによる単純な重症度の評価ができない点に注意が必要です。脳内出血や脳室内出血の有無にかかわらず、くも膜下出血があればGroup1~3のいずれかに分類されますが、Group4に該当するのは脳内出血や脳室内出血のみを認めるケースであり、くも膜下出血はみられないかその可能性が低く、脳血管攣縮のリスクも低いと評価されます1)、2)

 なお、Fisher分類が提唱された当時は、脳内出血や脳室内出血のみでは脳血管攣縮は起こらないと考えられていましたが3)、脳室内出血のみでも脳血管攣縮は引き起こされるとの報告も上がっており4)、近年では新たな研究結果を加味したmodified Fisher分類が提唱されています5)

表 Fisher分類

Group1血液を示す所見がみられない
Group2びまん性の出血または血腫のある差が大脳半球間隙、島槽、迂回槽いずれでも1mmに満たない
Group3限局性の血塊または血腫の厚さが1mm以上
Group4びまん性の出血あるいはくも膜下出血はないが、脳内や脳室内出血がある
井出冬章,他:FisherのCT分類をめぐって.Neurological Surgery 脳神経外科 1997;25(7):672.より引用

Fisher分類の結果を看護に活かす!

 脳血管攣縮は、くも膜下出血発症から数日~数週間で起こり、脳への血流が低下することで、意識状態の悪化や種々の神経症状を引き起こす重篤な合併症です。高度な攣縮の場合、脳梗塞を来すおそれもあるため、くも膜下出血の患者さんの管理を行うときは、Fisher分類による脳血管攣縮の発生リスクを把握し、予防と早期発見に努めることが重要です。

 バイタルサインや検査データはもちろん、頭痛の訴えやいつもと違う様子がみられないか注意して観察し、脳血管攣縮の可能性が疑われるようであれば、速やかに医師に報告します。脳血管攣縮が発生した際は、検査や薬剤の投与などが行われることがあるため、早急に対応できるよう準備します。

引用・参考文献

1)小宮山雅樹,他:Fisher group 4の誤解.脳卒中の外科 2015; 43(3):: 232-3.
2)鈴木秀謙,他:スパズムの概念および治療の変遷と現状の課題.脳外誌 2018;27(3):216-21.
3)Fisher CM,et al:Relation of cerebral vasospasm to subarachnoid hemorrhage visualized by computerized tomographic scanning. Neurosurgery 1980;6(1):1-9.
4)Claassen J,et al:Effect of cisternal and ventricular blood on risk of delayed cerebral ischemia after subarachnoid hemorrhage: The Fisher scale revisited.Stroke 2001;32(9): 2012-20.
5)Frontera JA,et al:Prediction of symptomatic vasospasm after subarachnoid hemorrhage: the modified Fisher scale. Neurosurgery 2006;59(1):21-7.

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

改訂Raiの病期分類

NEW

改訂Raiの病期分類は何を判断するもの?  改訂Raiの病期分類とは、慢性リンパ性白血病の病期を分類するためのスケールです。慢性リンパ性白血病の病期分類は、改訂Raiの病期分類のほかにBinetの病期分類があり、主にアメリカでは改訂Raiの病期分類、ヨーロッパではBinetの病

2024/3/3

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
3位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675
4位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
5位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
6位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791
7位

アプガースコア(アプガー指数)

【関連記事】 ●新生児仮死における低酸素虚血性脳症の重症度分類|Sarnat分類 ●小児救急におけるトリアージと適切なアセスメント ●第1回 無痛分娩の麻酔の適応、方法、禁忌、外来での説...

248441
8位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
9位

SIRS(全身性炎症反応症候群)とは?基準は?

*この記事は2016年7月4日に更新しました。 SIRS(全身性炎症反応症候群)について解説します。 SIRS(全身性炎症反応症候群)とは? SIRS(全身性炎症反応...

250839
10位

人工呼吸器の看護|設定・モード・アラーム対応まとめ

みんなが苦手な人工呼吸器 多くの人が苦手という人工呼吸器。苦手といっても、仕組みがよくわからない人もいれば、換気モードがわからないという人などさまざまではないでしょうか。ここでは、人工呼...

250017