1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 麻酔科
  5. 第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用・合併症、観察項目

【連載】麻酔を極めよう!

第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用・合併症、観察項目

  • 公開日: 2021/2/11

【関連記事】
*硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】
*術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア
*第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方法、副作用と合併症、観察項目



全身麻酔とは

 全身麻酔は「痛み刺激によっても覚醒しない薬剤性の意識消失」と定義されますが1)、薬によって手術侵襲による精神的および身体的な有害作用を防ぎ手術に適した状態をつくり出すことと捉えることもできます2)


 全身麻酔の3つの要素として鎮静、鎮痛、筋弛緩があります。鎮静は意識を消失させることで、患者さんの手術中の不快な思いや記憶をなくします。鎮痛は痛みを軽減することで、手術中の適切な麻酔深度(麻酔の深さ、鎮静と鎮痛を掛け合わせた考え方)を保ち、手術刺激が加わっても患者さんが覚醒したり血圧の急激な上昇など有害反射が起きないようにします。筋弛緩は骨格筋を弛緩させ、気管挿管時の喉頭展開(喉頭鏡をかけて声門を視る操作)を容易にし、全身の不動化や良好な手術視野の確保を目的とします。


全身麻酔で使用する薬剤と作用機序

 全身麻酔では鎮静薬(全身麻酔薬)、鎮痛薬、筋弛緩薬などそれぞれの目的に合わせた薬を組み合わせて使います。


表1 全身麻酔で使用する薬剤の特徴

鎮静薬
・静脈麻酔薬 鎮静作用のみ
・吸入麻酔薬 鎮静作用に加え、筋弛緩作用、気管支拡張作用がある。笑気を除き鎮痛作用はほとんどない
副作用:循環抑制(血圧低下、徐脈)や呼吸抑制
鎮痛薬
・麻薬(オピオイド) 強力な鎮痛作用(術中、術後)
副作用:悪心嘔吐、呼吸抑制、傾眠、掻痒感、尿閉、便秘など
・非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDS)やアセトアミノフェン 術後鎮痛目的に使用。麻薬と共に術中や術後に投与される。NSAIDSは抗炎症作用を持つ
筋弛緩薬
筋肉を弛緩させる
副作用:効果遷延による誤嚥、呼吸抑制など


鎮静薬(全身麻酔薬)

 全身麻酔薬は、静脈に直接投与する静脈麻酔薬と肺から静脈(肺静脈)に投与する吸入麻酔薬に分けられますが、どちらも脳に作用します。脳の至る所に分布しているGABAA(γ-アミノ酪酸A)受容体に作用し大脳皮質や覚醒中枢(橋や中脳などに存在)を抑制することで意識を失わせると言われています3)。副作用として循環抑制(血圧低下、徐脈)や呼吸抑制が起こります。


静脈麻酔薬

 プロポフォールが最も頻用される薬剤です。鎮静作用のみで鎮痛や筋弛緩作用はありません。麻酔の導入や維持にも用いられ、維持はシリンジポンプで持続投与を行います。導入後の麻酔維持は吸入麻酔薬で行うこともあります。投与中止後は早い覚醒が得られますので、長時間手術であっても比較的短時間で覚醒します。投与時に血管痛が起きることが多く、予防として太い静脈路の選択や投薬前のリドカインやフェンタニルなどの鎮痛薬投与が有効です。制吐作用を持つため術後の悪心・嘔吐の発生率を低下させます。


 バルビツール酸(チオペンタール、チアラミール)は麻酔導入薬で使用されることもありますが、蓄積作用があるため麻酔維持薬としては使用しません。


 レミマゾラムは超短時間作用性のベンゾジアゼピン系麻酔薬で、日本で開発され2020年に発売が開始された全身麻酔薬です。麻酔導入と維持に使用されシリンジポンプで持続投与します。投与中止後は早い覚醒が得られ、拮抗薬のフルマゼニルが存在することも特徴的です。


吸入麻酔薬

 吸入麻酔薬には鎮静作用に加え、筋弛緩作用、気管支拡張作用があります、鎮痛効果はほとんどありません。吸入麻酔薬では後述する悪性高熱症のリスクがあります。


 セボフルランは、甘い匂いで気道への刺激性が弱いため、マスク吸入による麻酔導入も可能で、麻酔導入前に静脈ライン確保をするのが困難な小児患者で多く用いられます。導入が迅速で覚醒も速やかです。


 デスフルランは、気道刺激性が強く咳嗽や喉頭痙攣のリスクがあるため麻酔導入には用いず、麻酔の維持で使われます。覚醒が非常に速やかなのが特徴で、高齢者や肥満、長時間手術などでの覚醒遅延や上気道閉塞のリスクが高い患者さんなどに頻用されます。


鎮痛薬

 レミフェンタニルやフェンタニルなどの麻薬(オピオイド)、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDS)、アセトアミノフェン、局所麻酔薬などが用いられます。麻薬は、主に脳や脊髄のμ(ミュー)オピオイド受容体に作用して強力な鎮痛効果を示す一方、呼吸抑制(特に呼吸数低下)や術後悪心・嘔吐などの副作用もあるため、麻薬以外の鎮痛薬も組み合わせ麻薬の必要量を減らします。手術によっては全身麻酔に加え硬膜外麻酔や局所浸潤麻酔を併用することもあります。


 レミフェンタニルは単回投与では効果持続時間が極端に短いため持続投与でのみ使用されます。手術中は高濃度で持続投与可能ですが、持続投与中止後は急速に効果が消失するため術後鎮痛には使えません。


 フェンタニルは、麻酔導入時や手術中の鎮痛として用いるほか術後鎮痛目的でも使用されます。作用持続時間は短いです。


 モルヒネは長時間の鎮痛効果があるため主に術後鎮痛に使用されます。腎機能低下症例での作用遷延やヒスタミン遊離作用による喘息発作に注意が必要です。


筋弛緩薬

 主に非脱分極性筋弛緩薬であるロクロニウムを使用します。神経筋接合部に作用して効果を発揮します。麻酔覚醒時の拮抗薬(リバース薬)としてワゴスチグミンやスガマデクスを用います。術後の筋弛緩効果遷延では誤嚥や呼吸抑制のリスクとなるため注意します。脱分極性筋弛緩薬のサクシニルコリンは悪性高熱症のトリガーにもなります。


全身麻酔の方法

1.100%酸素を吸入、低酸素血症を防ぐ

 麻酔の導入前には100%酸素をしっかり吸入してもらい患者さんの肺内の窒素を酸素に置き換えます(前酸素化)。これにより、麻酔導入後の呼吸停止からマスク換気や気管挿管が完了するまでの低酸素血症の発症を遅らせられます。


2.導入薬を投与する

 導入薬は一般的に静脈麻酔薬が選択されます。気管挿管の痛み刺激は非常に強いので、導入時は麻薬の投与も必要です。小児では事前に静脈路確保が難しいためセボフルランによるマスク導入が多く行われます。患者さんの意識消失後、マスク換気を開始します。


気管挿管を行う場合

 気管挿管をする場合、喉頭展開を容易にするために筋弛緩薬も投与します。その後、挿管チューブや声門上器具を挿入し確実な気道確保を行なったうえ機械で人工呼吸が開始されます。


3.麻酔導入時のモニタリングは特に注意する

 麻酔導入後は血圧低下が起きやすいため昇圧剤(フェニレフリンやエフェドリンなど)の投与や輸液負荷、徐脈時はアトロピン投与など循環動態を保ちます。手術・麻酔中は麻酔薬濃度は基本的には一定に保ち、皮膚や標的臓器切開、気腹、体位変換など侵襲刺激に合わせ、血圧や心迫数、脳波(麻酔深度のモニター)など生体情報を見ながらに鎮痛薬の調整を適宜行います。


4.麻酔覚醒後の全身状態を確認する

 手術終了後、麻酔薬を停止、筋弛緩薬の拮抗薬を投与して麻酔から覚醒させます。抜管後の気道トラブルに備え100%酸素で肺内を満たしておき、自発呼吸が再開し従命指示などの基準がクリアされれば抜管します。麻酔覚醒後、呼吸・循環・意識など全身状態に問題ないことを確認し手術室を退室します。


全身麻酔の副作用・合併症

 全身麻酔では薬剤や処置に伴う副作用や合併症が多数起こりえます。


【気道確保に伴うもの】
 気道確保に伴うものでは歯牙口腔内損傷や嗄声、咽頭喉頭痛、誤嚥性肺炎、喘息発作などの合併症が挙げられます。


【気道や呼吸器系の合併症】
 気道や呼吸器系の合併症では、麻酔導入時の気道確保困難、麻酔覚醒後の上気道閉塞や無呼吸などによる低酸素血症や高二酸化炭素血症、気胸、無気肺等のリスクがあります。特に脳は低酸素に弱く不可逆的な障害を来たします。


【循環器系の合併症】
 循環器系では低血圧は脳梗塞や心筋虚血、腎障害を起こすリスクが上がります。一方、麻酔が浅くて不意な血圧上昇を来たせば脳出血や心筋梗塞のリスクに繋がります。


【低体温】
 低体温は麻酔覚醒遅延やシバリングによる酸素消費量増加だけでなく、創部感染や心筋障害、血液凝固異常など重篤な事態にもなりかねませんので麻酔中は積極的な加温、保温が必要です。


【悪性高熱症】
 悪性高熱症は非常に稀ですが、吸入麻酔薬と脱分極性弛緩薬(サクシニルコリン)が誘引となり骨格筋代謝が異常に亢進し40度を超える高熱が出る遺伝性疾患です。赤褐色尿、筋硬直、不整脈、アシドーシス、腎不全から死に至る恐ろしい疾患で、特効薬のダントロレン投与が必要です。


【アレルギー症状】
 アレルギー症状は麻酔中では重篤な呼吸循環症状に進展することもあります。抗生剤や筋弛緩薬が起因薬として多いです。


【その他】
 術中覚醒とは麻酔中の記憶が残ることで、麻酔薬投与が麻酔中に途切れたり、緊急手術や心機能低下例で麻酔を浅くせざるをえない場合などに起こりやすくなります(筋弛緩薬投与下では体は動かせず声も出せず意識だけがある状態となりPTSDに繋がります)。

 その他、術後せん妄や認知機能低下、不整脈や心停止、肺動脈血栓塞栓症など合併症は数えきれません。


全身麻酔の看護のポイントと観察項目

 全身麻酔時は、患者さんの全身管理を任されることになります。勿論、呼吸や循環など生命に直結する管理は麻酔科医師が担いますが、麻酔科医師だけでは四肢末端までくまなく継続的に看視することは困難です。挿管介助や蘇生処置、循環作動薬の調剤や投薬など看護師が治療に直接かかわる場面も少なくありません。手術室看護師は麻酔科医師とチームになって患者さんの全身管理を行っているのです。


麻酔前

 麻酔前は麻酔に使用する薬剤や気道確保物品、アレルギーや最終飲食時間確認など安全な麻酔が提供されるよう準備と確認を徹底します。麻酔の薬剤は微量でも呼吸や循環を破綻させる危険な薬であるという認識を持ち、希釈間違いや投薬ミスが起こらないよう二重確認や薬剤シリンジラベル貼付など安全確認も怠りません。加えて患者さんへの声かけや環境整備など少しでも不安が軽減し安楽な状態で眠れるような配慮を心がけます。


 麻酔導入時にはマスクや挿管困難が予期せず起こることもありますので、困難気道カートの準備や応援要請はいつでも対処できるようにしておきます。


麻酔中

 麻酔中は、麻酔科医師が全身管理を担いますが、血圧や尿量、体温、呼吸条件など基本的なバイタルサインのトレンドや併存疾患ごとの観察ポイントは看護師も情報共有して随時把握しておきます。体位調整では皮膚循環障害や神経障害などが起こらないように手術開始前に全身をくまなく確認し、麻酔後に発赤やビランなど体表異常や四肢の運動機能や感覚異常の有無も確認します。麻酔中は常にアンテナを張っておくことで徐脈や喘息発作、アナフィラキシーなどいち早く患者さんの異変に気づけるようにしています。


麻酔後

 麻酔後は麻酔効果の残存による上気道閉塞や呼吸数低下などの呼吸器関連の事故が起きやすい時期です。抜管後の気道トラブルでは再挿管を行うこともあります。病室へ帰室するまではいびきや無呼吸などの上気道閉塞の所見がないか、呼吸数や呼吸の深さなどの呼吸状態の目視確認は通常のバイタルサイン測定に加えて特に重要な観察項目です。手術部位の痛みの程度や嘔気の有無を確認し、鎮痛薬や制吐剤の投与を麻酔科医師に相談することもあります。


 手術室では、患者さんのケア、麻酔科医の介助、外科医の介助など手術室看護師はさまざまな業務の側面を持ちますが、総じて麻酔・手術の進行や医療安全が守られようにコーディネートを行う役割が求められます。


 本稿の麻酔の知識が、患者さんの麻酔の安全に少しでも役立つことを期待しています。


引用・参考文献

1)American Society of Anesthesiologists. Continuum of Depth of Sedation: Definition of General Anesthesia and Levels of Sedation/ Analgesia. Last amended on October 23, 2019.
2)Kissin I. General anesthetic action: an obsolete notion?. Anesth Analg. 1993;76(2):215–218.
3)Brown EN, Purdon PL, Van Dort CJ. General anesthesia and altered states of arousal: a systems neuroscience analysis. Annu Rev Neurosci. 2011;34:601–628.
4)Manuel Pardo Ronald Miller. Basics of Anesthesia, 7th Edition. Elsevier. 2017.


【関連記事】
*硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】
*第1回 麻酔総論|全身麻酔と局所麻酔
*第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方法、副作用と合併症、観察項目
*術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア
*術後痛の種類や機序とは
*硬膜外麻酔の準備・介助(カテーテル留置法)


この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

薬剤準備と投薬|手術室編

手術室では、全身麻酔薬、電解質補正薬、筋弛緩薬、麻薬、カテコラミン類など、患者さんの全身管理に必要な薬が数多く使われています。その多くは、薬剤の種類や投与量を間違えると致命的となることが少なくありません。麻酔導入や出血時緊急対応など刻々と患者さんの容態が変化し、状況判断から薬

2021/9/11