1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 手術室
  5. 手術看護
  6. 術前・術後管理
  7. 知っておきたいIV-PCAを用いた効果的な鎮痛

【連載】術後疼痛管理のQ&A! 皆さんの疑問にお答えします!

知っておきたいIV-PCAを用いた効果的な鎮痛

  • 公開日: 2022/11/24

Q 開腹胆嚢切除術を全身麻酔で施行された患者さん。IV-PCA(Intravenous Patient Controlled Analgesia:経静脈的患者自己調節鎮痛)を手術後直ぐに開始していますが、麻酔覚醒後より強い痛みを訴えられています。PCAボタンを押してもとても痛がっているのですが、どのように対処したらよいでしょうか?

A. 至適なオピオイドの血中濃度になるように(痛みが軽減された状態)、オピオイドをボーラス静注します。痛みが落ち着いたら、IV-PCAを再開します。

 まずIV-PCAの基本的な考え方を紹介していきます。

 同じ手術を受けても、痛みの強さは個人差が大きいものです。患者さんが自分の痛みに合わせて投与することができる方法がPCAの原理です。IV-PCAではフェンタニルやモルヒネなどのオピオイドを使用します。今回の症例に限らず通常は麻酔酔覚醒前には事前にある程度のオピオイドを投与しておきます。麻酔科医が術式・年齢・体重などから総合的に判断して、オピオイドの量を決定しています。体内に投与されたオピオイドですが、血中濃度が高くなることでその鎮痛効果が現れてきますが、その後時間が経つに連れ血中濃度が徐々に下がり鎮痛効果は弱くなります。

 麻酔覚醒後に痛みの訴えがない場合、投与されたオピオイドの血中濃度(正確には効果部位濃度)が、どのくらいに下がると患者さんが痛がり出して、PCA投与を要求するか(ボタンのプッシュ)は個人差があります。痛みが出てきた段階で患者さんがPCAボタンを押すと血中濃度が上がり効果的に鎮痛される、これが繰り返され、痛みに対してPCAのプッシュで痛みのコントロールがつくことが理想です(図)。当然ですが、痛みがなければPCAボタンのプッシュを薦める必要はありません。

図 PCAの原理 
PCAの原理

 繰り返しになりますがIV-PCA開始時には、患者さんそれぞれに必要なオピオイド血中濃度が保たれ、痛みを抑えられる状態になっていることが大切です。覚醒直後より強い痛みがあれば、ベースのオピオイド血中濃度を上げるためPCAと同じ種類のオピオイドをシリンジでボーラス投与(例:フェンタニル25-100μgやモルヒネ1-2mg)します。慎重に反復投与して痛みが軽減されるまで行い、痛みが落ち着いた時点でIV-PCAを開始して病棟に戻れるようにしましょう。この際、良好な鎮痛の一方で呼吸抑制や意識レベル低下、重度の嘔気嘔吐などの副作用の確認も怠らないようにします。痛みの程度によっては、ボーラス投与せず患者さんと共に何度かPCAボタンをプッシュすることでコントロールがつく場合もあります。

 IV-PCAでは呼吸抑制の懸念もあるため当院では基本的には持続投与はなしで、PCAボタンによる随時投与の設定にしています。もちろん、強い痛みが継続している場合には持続投与設定に変更しますが、一般病棟では持続的な呼吸状態の観察は困難なためパルスオキシメータやカプノメータなど持続モニターの使用が望ましいと考えています。集中治療室は厳重な監視体制ですので、持続投与で開始されることも多いです。

 基本的な術後鎮痛の考え方は重要ですので、最後に復習しておきましょう。麻酔覚醒後は痛みが抑えられているよう予防的な鎮痛計画を立てます。開腹下腹部手術に比べ、上腹部では術後痛が強いと言われています。予定手術で硬膜外麻酔が可能な患者さんであれば硬膜外PCAを積極的に検討します1)。全身麻酔で実施する場合、体幹の神経ブロックや創部皮下浸潤麻酔などの局所麻酔法の併用を第一に検討します。IV-PCAで効果的な鎮痛を得られるようフェンタニルやモルヒネなどのオピオイド静注をある程度行いますが、マルチモーダル鎮痛2)の観点からアセトアミノフェンやNSAIDsなど別の全身鎮痛薬も併用した鎮痛を行なっていきます。

【関連記事】
1)【連載】麻酔を極めよう!第5回 硬膜外麻酔|適応と禁忌、実施方法、使用薬剤、副作用と合併症
2)【連載】麻酔科看護師が解説! 術後疼痛管理 術後疼痛管理とは


この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

より良い鎮痛を目指した硬膜外麻酔の考え方!

Q 硬膜外カテーテルを留置している患者さんが痛がっています。どのように対応したらよいでしょうか? A 薬液が体内に入っていること、麻酔効果範囲を確認して対応を検討します。  硬膜外カテーテルは、脊髄を覆う膜の外側(硬膜外腔)のスペースに挿入されており、局所麻酔薬を

2022/9/8

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
7位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
8位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675
9位

セルフケア不足の看護計画|高齢による認知機能低下がみられ

高齢による認知機能低下に関連したセルフケア不足  認知症と診断されていなくても認知機能の低下を認めることがあり、その度合いによって日常生活に支障をきたすことがあります。なんらかの疾患により入院し...

313002
10位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974