1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 脳神経外科
  5. 脳疾患
  6. 経管栄養を行っている患者さんに関する看護計画|くも膜下出血により意識障害が生じている患者さん

【連載】症例ごとに看護計画を紹介!

経管栄養を行っている患者さんに関する看護計画|くも膜下出血により意識障害が生じている患者さん

  • 公開日: 2024/2/29

くも膜下出血による意識障害で経管栄養を行なっている患者さんに関する看護計画

 くも膜下出血は脳血管障害(脳卒中)の一つであり、主に動脈瘤が破裂して、軟膜とくも膜の間に出血が広がることで起こります。その結果、脳が障害され、意識障害が生じます。今回はくも膜下出血による意識障害で経管栄養が必要になった患者さんに関する看護計画を立案しました。

POINT

観察計画 O-P 患者さんの現在の状態、予後について確認する。また、どのようなリハビリなどを行うか、といったことも把握しておく。栄養状態についても確認しておく。

援助計画 T-P 適宜、チューブが胃に挿入されているかを確認する。栄養が十分に摂れていなかったり、自分で体位を変えることができない状態のため、褥瘡ができないように体位変換や安楽な状態になるようにケアを行う。経管栄養を投与する際には、ベッドアップなどを行うようにする。

教育計画 E-P 経管栄養の必要性を患者さん、家族に説明する。

*紹介する看護計画はあくまでも例です。この例を参考に患者さんに合わせた看護計画を作成してください。

■看護計画の書き方はこちら
看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイント2

看護問題

意識障害によって必要な栄養を摂取することができない

看護目標

栄養状態を適切に保つことができる

観察計画 O-P

原疾患の治療状況、今後の経過
意識障害の推移
運動障害、感覚障害の有無、程度
下痢、便秘の有無、程度
リハビリの状況
必要な摂取エネルギー量
脂質、糖質、タンパク質の摂取状況
患者の変化に対する家族の認識
褥瘡や皮膚トラブルの有無、程度(仙骨、臀部など)
尿量や体重の推移
In-Outバランス(栄養投与量、脳室ドレーン排液など)
検査データ(TP、Alb、CRPなど)
画像データ(頭部CT、MRI、脳波など)

援助計画 T-P

医師の指示に基づく栄養剤の使用する
必要に応じて栄養投与前後で吸引を行う
投与前にベッドで適切な角度へヘッドアップする
適宜、経管栄養チューブの位置を確認する(胸部レントゲン、聴診法など)
背抜きや除圧など必要に応じて体位の工夫、安楽な環境を整える
必要に応じて、排便コントロールについて検討する
必要に応じて、血糖コントロールについて確認する

教育計画 E-P

意識レベルに応じて経管栄養の必要性を説明する
状況に応じて家族へ経管栄養について説明する

看護記事を書くときに参考にしたい記事

くも膜下出血について知っておこう

脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)の基礎と看護の役割
非効果的健康管理に関する看護計画|くも膜下出血の患者さん

経管栄養について知っておこう

経管栄養(経腸栄養)とは|種類・手順・看護のポイント
経管栄養の患者さん、血糖管理で気をつけたいポイントはここ!


この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

狭心症患者さんの食事指導に関する看護計画|脂質異常症の治療が必要となった患者さん

狭心症の治療後に脂質異常症に対して食事指導が必要となった患者さんに関する看護計画  狭心症とは動脈硬化によって冠動脈に狭窄が生じて心筋に虚血が生じる疾患です。動脈硬化の危険因子として脂質異常症が挙げられ、生活習慣に対する介入が必要になる場合があります。今回は狭心症の治療後に

2024/3/31

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
3位

人工呼吸器の看護|設定・モード・アラーム対応まとめ

みんなが苦手な人工呼吸器 多くの人が苦手という人工呼吸器。苦手といっても、仕組みがよくわからない人もいれば、換気モードがわからないという人などさまざまではないでしょうか。ここでは、人工呼...

250017
4位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年12月8日改訂 *2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開...

250001
5位

採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等

採血とは  採血には、シリンジで血液を採取した後に分注する方法と、針を刺した状態で真空採血管を使用する方法の2種類があります。 採血の準備と手順(シリンジ・真空採血管) 採血時に準備...

250858
6位

SIRS(全身性炎症反応症候群)とは?基準は?

*この記事は2016年7月4日に更新しました。 SIRS(全身性炎症反応症候群)について解説します。 SIRS(全身性炎症反応症候群)とは? SIRS(全身性炎症反応...

250839
7位

心電図の基礎知識、基準値(正常値)・異常値、主な異常波形

*2016年9月1日改訂 *2016年12月19日改訂 *2020年4月24日改訂 *2023年7月11日改訂 心電図の基礎知識 心電図とは  心臓には、自ら電気信...

250061
8位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
9位

第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用

【関連記事】 *硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】 *術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア *第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方...

295949
10位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636