1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護教育・制度
  4. 看護管理・教育
  5. 看護記録
  6. 褥瘡発生リスクが高い患者さん|低栄養や湿潤環境などによる褥瘡発生リスクが高い患者さん

【連載】症例ごとに看護計画を紹介!

褥瘡発生リスクが高い患者さん|低栄養や湿潤環境などによる褥瘡発生リスクが高い患者さん

  • 公開日: 2022/11/30

低栄養状態や湿潤環境に伴う褥瘡発生リスクが高い患者さんの看護計画

 褥瘡とは、持続的に圧迫されている場所の血流が滞ることで、皮膚の組織が障害されることで生じます。低栄養状態や湿潤環境で褥瘡の発生リスクが高くなると考えられるため看護計画を立案しました。

POINT

観察計画 O-P 褥瘡の発生リスクとなる因子がどれだけあるのか、全身状態をみて確認する。好発部位に発赤がないかよく観察する。栄養状態が低下している原因がなにかを確認する。血糖コントロールが良好でない患者さんでも褥瘡発生のリスクが高くなるため、血糖値についても確認する。

援助計画 T-P 予防的スキンケアの実施、患者さんの活動状況に合わせて体位変換を行う。適切な栄養管理を実施する。おむつを使用している場合は、おむつ内の湿度についても注意する。

教育計画 E-P 褥瘡の発生リスクと体位変換や栄養状態の改善の重要性を説明する。

*紹介する看護計画はあくまでも例です。この例を参考に患者さんに合わせた看護計画を作成してください。

■看護計画の書き方はこちら
看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイント2

看護問題

褥瘡の発生リスクがある

看護目標

褥瘡を発症せず過ごすことができる

観察計画 O-P

現在のADL、安静度
日中活動状況
皮膚状況(乾燥、浮腫、脆弱性など)
褥瘡好発部位の確認
排泄状況(失禁、下痢の有無、程度など)
認知機能
嚥下機能
食事摂取量
静脈栄養や経管栄養の有無、投与量
血糖値の推移、インスリンの使用状況
In-Outバランス
検査データ(Alb、TP、CRPなど)

援助計画 T-P

必要に応じて体位変換、除圧を行う
皮膚の清潔を保つ
状況に合わせたおむつ、衣服、寝具の調整を行う
医師の指示に基づく栄養管理を行う
医師の指示に基づく血糖管理を行う

教育計画 E-P

皮膚の除圧の必要性を説明する
適切なポジショニングについて説明する
栄養摂取の必要性を説明する
疑問や不安などはいつでも伝えてもらうように説明する

看護計画を書くときに参考にしたい記事

発赤とは? 発赤と褥瘡を見分ける『ガラス板圧診法』『指押し法』って?
褥瘡発生予防のスキンケアと発生時の対応【PR】
おむつをしている患者さんの褥瘡ケアとは?
褥瘡の栄養状態をアセスメントするための血液データ・観察項目は?
【褥瘡】栄養を補う食品の適切な選び方は?
胃瘻・経管栄養患者さんって褥瘡と関係があるの?
新たな褥瘡予防「Microclimateの管理」|第24回日本褥瘡学会学術集会 スポンサードシンポジウム【PR】

 

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

潰瘍性大腸炎で脱水症状や貧血がある患者さんに関する看護計画

潰瘍性大腸炎で脱水症状や貧血がある患者さんに関する看護計画  潰瘍性大腸炎とは、主に大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる原因不明の非特異性炎症疾患です。発症年齢は30歳以下の成人に多く、再燃と寛解を繰り返す疾患であるため長期間の管理が必要となります。今回は潰瘍性大腸炎で脱水症状

2024/5/31

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
3位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
6位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
7位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年12月8日改訂 *2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開...

250001
8位

心電図の基礎知識、基準値(正常値)・異常値、主な異常波形

*2016年9月1日改訂 *2016年12月19日改訂 *2020年4月24日改訂 *2023年7月11日改訂 心電図の基礎知識 心電図とは  心臓には、自ら電気信...

250061
9位

第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用

【関連記事】 *硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】 *術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア *第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方...

295949
10位

採血|コツ、手順・方法、採血後の注意点(内出血、しびれ等

採血とは  採血には、シリンジで血液を採取した後に分注する方法と、針を刺した状態で真空採血管を使用する方法の2種類があります。 採血の準備と手順(シリンジ・真空採血管) 採血時に準備...

250858